優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

2020-07-28から1日間の記事一覧

日本茶を淹れる

日本茶 お茶を選ぶポイント あなたにとっての「良いお茶」を選ぶ お茶に合う水 緑茶の味を決める3つの成分 煎茶を美味しく淹れるためのポイント 煎茶の美味しい淹れ方 番茶の美味しい淹れ方 玉露の美味しい淹れ方 日本茶をティーバッグで美味しく淹れる 冷…

日本茶の主な産地と特徴

日本茶・茶葉 チャの樹は元々、亜熱帯原産の常緑植物で、 近年は概ね北緯45度から南緯45度に渡る地域で栽培されています。 日本では、毎年約8万トンのお茶が 北は青森県から南は沖縄県まで広範囲で栽培されています。 平成28年度の調べでは、生産量の第一…

みる芽

日本茶・茶葉 「みる芽」は、お茶の若く柔らかい芽のことを言います。 まだ開ききっていない、葉になる前の状態である「芽」の中でも とりわけ生まれたての芽を「みる芽」と呼びます。 この「みる芽」という言葉は、静岡のお国言葉「みるい」から生まれた言…

べにふうき

日本茶・茶葉 アッサム種を母とし、インドから取り入れた品種との交配により生まれた品種です。 元々、紅茶用として開発された茶の木を緑茶の製法で作ったものです。 やや渋みが強く香りが良いのが特徴です。 抗アレルギー機能を持つ、メチル化カテキンを豊…

ごこう

日本茶・茶葉 京都府茶業研究所が、宇治在来の実生から選抜し育成したもので、 揮発性の特徴ある香気を持ち、玉露の出品茶用として多用されています。 中晩生種で、京都を筆頭に、福岡、静岡で栽培されています。

あさつゆ

日本茶・茶葉 茶業試験場(静岡県金谷町)で、宇治在来種の実生から選抜され 育成されました。 早生種で、「天然玉露」とも呼ばれ、甘味・旨味が強くて渋みが少なく、 品質が高い品種です。 ほとんどが鹿児島を中心とした九州一帯と静岡で栽培されています。

かなやみどり

日本茶・茶葉 茶業試験場(静岡県金谷町)で、 静岡在来6号の「S6」と「やぶきた」を交配して育成されました。 一番茶の品質はミルクを連想させるような甘い香りに特徴があります。

さやまかおり

日本茶・茶葉 埼玉県茶業試験場で、昭和60(1985)年に 「やぶきた」の自然交配実生から選抜されて育成され、 昭和46(1971)年に農林登録されました。 早生種で、耐寒性が強く、多収な品種で、強い香りが特長です。 静岡、埼玉を中心に、関東から九州まで広い地…

さえみどり

日本茶・茶葉 茶業試験場(鹿児島県枕崎市)で 「やぶきた」と「あさつゆ」を交配した中から選抜された品種です。 早生種で耐寒性も強く、品質にも優れています。 鮮緑色で上品な芳香があり、強い旨みが人気です。 鹿児島を中心とした九州一帯、静岡県などで…

おくみどり

日本茶・茶葉 「やぶきた」と静岡在来の種との交配により生まれた品種です。 主に近畿~九州で栽培され、爽やかですっきりとした味わいが楽しめます。 「やぶきた」よりも収穫期が遅いため、 繁忙期が重ならないようにと、この品種が採用されているようです…

ゆたかみどり

日本茶・茶葉 「やぶきた」に次いで二番目に栽培面積が大きく、 95%が鹿児島県で栽培されています。 早生種で、煎茶として飲まれています。 耐寒性に弱いですが、収量は全茶期を通じて多く、 被覆を行い、蒸しを強くすることで濃厚な水色と味になります。

やぶきた

日本茶・茶葉 日本国内で栽培されている茶の木の約75%以上を占めている品種です。 日本の気候で栽培しやすい品種で、 旨味、渋味、香りともにバランスが良く、煎茶や深蒸し茶、玉露など 幅広く親しまれています。

7/28が「日本紅茶協会・フォトコンテスト2020」

令和2年 (2020) 7/28 [火] 日本紅茶協会が 「フォトコンテスト2020」開催中! フォトコンテスト2020 開催中ティータイムのひと時#日本紅茶協会フォトコンテスト2020ハッシュタグをつけて「インスタグラム」に投稿参加方法※必ずお読みくださいhttps://t.co/…

紅茶レシピ(アイス)

紅茶(アイス) オンザロックス形式でアイスティーを淹れる ダブルクーリング形式でアイスティーを淹れる ティーバッグを使って水差し式アイスティーを淹れる ティーバッグを使って水出し式アイスティーを淹れる アイスティーレモネード 簡単ベリーアイステ…

トップに戻る