優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

2020-11-15から1日間の記事一覧

ワイルドストロベリー

ハーブティー(Wild strawberry) 「ワイルドストロベリー」は地中海沿岸の原産で、 一般的に店先で売られているイチゴよりもその果実はかなり小さいものの、 「Fragaria=芳香のする」という学名の通り、甘くフルーティーな香りが強い イチゴです。 16世…

レッドクローバー(ムラサキツメクサ)

ハーブティー(Red clover) 「レッドクローバー」は伝統療法ではもっと利用されていましたが、 現在ではブレンドに少量、使用されています。 咳、風邪、気管支炎など、呼吸器の感染症に用いられた長い歴史があります。 湿疹や乾癬など、しつこい皮膚トラブ…

甘草(リコリス)

茶外茶(Liquorice) 「リコリス」はヨーロッパやアジアの原産で、 地中海沿岸や中央アジアなどに広く自生しているハーブです。 その歴史は古く、紀元前500年頃から薬用ハーブとして医療に用いられていました。 現在でもその効能は高く評価されており、世…

ユーカリ

ハーブティー(Eucalyptus) コアラが好んで食べる植物「ユーカリ」。 最初にユーカリを使用したのはオーストラリアの先住民アボリジニで、 彼らはユーカリを万能薬として利用していました。 その後19世紀になって初めて、オーストラリアからヨーロッパに…

ヤロウ

ハーブティー(Yarrow) 「ヤロウ」はヨーロッパと西アジアの原産で、 ヤロウは干上がった土壌でも自生する丈夫なハーブで、 世界中の温暖な地域の道端や畑の周辺などに自生しています。 枝には細かい葉が対になって密集しており、 それがノコギリの歯のよう…

ボリジ

ハーブティー(Borage) ボリジは地中海沿岸の原産で、古くから薬用・食用として利用されてきました。 その美しさから、デザインのモチーフとしても人気だったといいます。 かつて、画家達は聖母マリアの青い衣を描く際、 ボリジの花びらを絞った汁を使用し…

マーシュマロウ

ハーブティー(Marsh mallow) 「マーシュマロウ」は、ヨーロッパ原産のハーブで、 marsh(低湿地、沼地)mallow(マロウ)の名前の通り、 湿地や低地、川岸などに自生しています。 花や葉も利用しますが、根の方が薬効のある粘液質を多く含みます。 その歴…

ホップ

ハーブティー(Hops) ホップは何百年もの間、染色や紙やロープの製造に、 また肝臓や消化不良の治療薬として利用されてきました。 また、神経を落ち着かせるために使われています。 学 名:Humulus lupulus 和 名:西洋カラハナソウ 科 名:クワ科 使用部分…

ベニバナ(サフラワー)

茶外茶(safflower) 紅花はキク科ベニバナ属の一年草です。 北アフリカ・エジプトが原産で、 紀元前から栽培されている女性のための薬草と言われています。 日本では、奈良時代から栽培されており、 布の染料や口紅など、様々な生活用品に古くから利用され…

トップに戻る