優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

2020-12-04から1日間の記事一覧

カルダモン

スパイスティー(Cardamon) 「スパイスの女王」と呼ばれる程、スパイスとしての長い歴史を持つハーブです。 アラビアでは歓待する気持ちの象徴と言われ、 来客には「カルダモンコーヒー」を振る舞う習慣があります。 学 名:Elettaria cardamomum 科 名:シ…

ドクダミ

茶外茶 山野や人家の半日陰など、少しジメジメした所を好んで生える身近な多年草です。 茎と葉に独特の臭いがある上、生命力がとても強く、あっという間にはびこるため、 嫌がられることが多いようです。 しかし、そのニオイ成分「デカノイルアルデヒド」に…

ゲンノショウコ

茶外茶 医者いらず、医者泣かせ、医者殺しなどの異名を持ち、下痢止めの妙薬として 古くから使われてきました。 その名も、飲むとすぐ効くという「現の証拠」から来ていると言われています。 下痢止めには、食後にこのお茶を温かいうちに飲むとよいでしょう…

シソ

茶外茶 「蘇」という原名を持つChina原産の一年草です。 その名は、香りが爽やかで、食を進めて元気を蘇らせるという働きを示します。 日本でも古くから利用されており、料理に添えられるのは、 解毒、防腐効果が望めるためでしょう。 また、シソには、「赤…

クマザサ(熊笹)

茶外茶 クマザサ(熊笹)は、庭や公園にも植えられているササで、 冬になると緑が白くなり、隈取の様に見えます。 殺菌、防腐作用があり、お茶だけでなく、青汁としても利用されています。 学 名:Sasa veitchii 科 名:イネ科 使用部分:葉 作 用:抗菌、抗…

ゲットウ(月桃)

茶外茶 沖縄で自生している伝統のハーブ、ゲットウ(月桃)。 その美しい名前に相応しく、5~7月頃に美しい穂状の白黄色の花を咲かせます。 お茶としても人気です。 甘くスパイシーな香りは心身の緊張緩和に効果があります。 学 名:Alpinia speciosa 科 …

カキ(柿)

茶外茶 「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われるほど 果実は栄養豊富で、ビタミンC、β-カロテン、カリウム、食物繊維を含みます。 その葉の方も豊富な栄養素が含まれ、昔から民間の薬として広く親しまれてきました。 学 名:Diospyros kaki 科 名:カキ…

焙煎大和当帰葉茶

茶外茶 柑橘王国の 「焙煎大和当帰葉茶」をご紹介! 「焙煎大和当帰葉茶」は、 くすりの町「奈良県高取町」で採れた 奈良の生薬である「大和当帰」(ヤマトトウキ)の葉を 丁寧に乾燥・焙煎させて作ったハーブティーです。 高取町の薬の歴史は古く、 飛鳥時…

トップに戻る