優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

日本茶に合う水

f:id:linderabella:20200709095301j:plainf:id:linderabella:20200728170601j:plain

1.硬度

 
昔からお茶に合う水は「軟水」だと言われてきました。
水1ℓ中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を
表わした数値を「硬度」と言います。
 

 そしてWHO(世界保健機関)の基準では、

硬度が120mg/l以下を「軟水」、
硬度が120mg/l以上を「硬水」と言います。
簡単に言うと、
カルシウムとマグネシウムが比較的多く含まれる水が
「硬水」になります。
 

硬度
=(カルシウム量mg/ℓ×2.5)+(マグネシウム量mg/ℓ×4)

 
  • 軟水・・・・・・硬度   0~ 10mg/ℓ
  • 中程度の軟水・・硬度  60~120mg/ℓ
  • 硬水・・・・・・硬度 120~180mg/ℓ
  • 非常な硬水・・・硬度 180mg/ℓ以上
    [WHO(世界保健機関)による飲料水水質ガイドライン
 
 


【ふるさと納税】硬水ミネラルウォーター マグナ1800 2L×6本セット 合計12L 硬度900 ph8.6 硬水 ミネラルウォーター 弱アルカリ 温泉水 国産 長湯温泉 飲料水 水 竹田市 大分県 九州 送料無料

  
なお、日本の水はほとんどが軟水です。
 
 

2.日本茶に合う水


神の郷 軟水 ミネラルウォーター 500ml×24本

 
 
日本茶には「軟水」が適しています。
軟水でお茶を入れると、茶の成分がよく抽出され、
旨味、渋味、苦味がバランスよく出て、日本茶本来の味を引き出すことが出来ます。
 
硬度が低過ぎる(10以下)と、
苦渋味を強く感じるようになり日本茶には適さなくなります。
一方、硬度が高すぎると、味は淡白になり、水色は無色に近くなります。
 
日本茶には、硬度50~80程度の水が適しているようです。
但し、硬度300程度のヨーロッパ産のミネラルウォターも
日本の緑茶に適しているものがあります。
 
茶から出てきたシュウ酸が水の中のカルシウムと結合し、
渋味がなくなり、まろやかな味に変わって飲みやすくなるのです。
水を替えてお茶を味わうのも日本茶の楽しみ方のひとつです。
 
紅茶も軟水がよく、300程度の硬水だと水色が暗色になります。
ウーロン茶は比較的水の影響は受けにくいようです。
いずれにしろ日本の水は各種のお茶に相性がよいと言えます。
 
 

3.日本の水道水

 
美味しい水と言えば、「名水百選」を思い浮かべる人も多いでしょう。
日本の水道水は軟水から中程度の軟水なので、日本茶に適しています。
東京の水は美味しくなったと言われるように、
近年、全国の都会の水道水は高度浄水処理により浄水性能が向上しています。
但し、日本の水道水はカルキ消毒されていますので、
美味しいお茶を淹れるにはカルキ臭を抜くことが必要です。
 
水道水は必ず2~3分沸騰させてから使って下さい。
沸騰は炭酸ガスを抜いて茶の葉が浮くのを防ぐ働きもあります。
浄水器を使う場合や市販のミネラルウオーターを使用される場合も、
一度沸騰させてから使うのがおすすめです。
 
4~5時間汲み置きしておいても、カルキを抜くことができます。
 
 

4.美味しい水って?

 
「名水百選」は昭和60(1985)年に環境庁水質保全局が制定したものです。
平成20(2008)年に新たに「平成の名水100選」として100箇所が加わっています。
百名水のほとんどが、雨水が地下に浸透して数年から数十年を経たものです。
 
他にも
  • 適度なミネラル分を含む
  • 酸素や炭酸ガスが溶け込んでいる
  • 水温が低い
  • 余分な有機物が含まれていない
といった特徴があります。
 

TOPに戻る