優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

ハーブティーをお湯で淹れる方法

f:id:linderabella:20200625102036j:plain

f:id:linderabella:20200717141933j:plain

ティーポットにドライハーブを入れて、熱いお湯を注いで
成分を抽出する方法です。
ドライハーブは、一年中使えるため、手軽にティーを楽しむことが出来ます。
硬いものは細かく砕いたり、スプーンの背で潰したりして使用しましょう。
 
 
  1.  ティーポットとティーカップを予め温めておきましょう。
    ティーカップ1杯分(200cc)に対して、
    大さじ1杯程度のハーブを使います。
    茶葉はよくかき混ぜてから入れると美味しく仕上がります!。

  2. 沸騰から一呼吸おいたお湯(95~98℃)を静かに注ぎます。

  3. 素早く蓋をしたら、3~5分蒸らします。
    抽出時間は、花や葉は3分、実や種は5分が目安です。

  4. 注ぎます。
    ティーポットを水平に軽く回して濃さを一定にした後、
    茶こしを使ってティーカップに注いで下さい。
    残さずに一度で注ぎ切りましょう。

 

f:id:linderabella:20200717155633p:plain

 

フレッシュハーブで淹れる場合
  フレッシュハーブでティーを淹れると、
  瑞々しい香りや色を楽しむことが出来ます。
  自分で育てたものを使う場合は、
  出来るだけ若い葉や花を選んで、使う直前に摘みましょう。
  洗って水気を切った後、ハサミで切ったり手でちぎったりして使います。
 
 
アイスティーにする場合
  お湯を半量にするか、ハーブの量を2倍にして、
  濃さを2倍にしたティーを淹れて下さい。
  そして、それを氷に入れた耐熱グラスに注ぎます。
 

TOPに戻る