優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

ペーパードリップの淹れ方

コーヒー

f:id:linderabella:20200709195750j:plain f:id:linderabella:20200709195825j:plain f:id:linderabella:20200709204615j:plain

f:id:linderabella:20200709195825j:plain

 

器具を温める

 まず、使用する器具を温めます。
 美味しいコーヒーを淹れるためには、温度を下げない工夫をすることが大切です。
 まず、サーバーの上にドリッパーを乗せ、その上からお湯を注いで下さい。
 それから、ドリッパーを外して、お湯が入ったサーバーを軽く回して
 残ったお湯でサーバー全体を温めます

 

カップを温める

  お湯をカップに注ぎ温めます。
 カップを温めることで、コーヒーを注いだ時に適切な温度が保てます。
 加えて、淹れたての香りや風味を保つこともできます。

 

ドリッパーに
ペーパーフィルターをセット

  フィルターはドリッパーの形に合ったものを使うようにして下さい。

 

コーヒー粉を量り
ドリッパーに入れる

 計量スプーンを使い、淹れたい杯数分のコーヒー粉をドリッパーに入れます。
 

 [分量について]
 分量は、1杯分=粉10g:出来上がり量120㏄です。
 例えば、3人分淹れる場合は、
 スプーンで3回すくい、ドリッパーに入れます。

 

1回目のお湯を注ぐ

 注ぐ直前にタイマーをスタートさせます。
 1回目のお湯は「お湯を注ぐ」というよりも、乾いたコーヒー粉に
 「お湯を染み込ませる」というイメージを持つことが大切です。

 

蒸らす

 1回目のお湯を注ぎ終わったら、20秒程蒸らしましょう。
 表面にキラキラした泡が見えてきたら、しっかりとお湯が浸透した印です。
 だんだんと泡が消えていき、ボソボソと穴が開いてきたら、蒸らす過程が
 充分に出来たことになります。

 

2回目のお湯を注ぐ

 2回目のお湯はたっぷりと多めに注ぎます。
 最初にお湯を注ぐ位置を中心にしっかりと決め、ドリッパーの中心に
 500円玉程の大きさの円を繰り返し描くようなイメージで注いでいきます。
 泡がフィルターの端まで広がったら、一旦お湯を止めます。
 ドーム状に膨らんでいた泡が、だんだんと凹んできます。
 この動きが止まる前に次のお湯を注ぎましょう。

 

3回目のお湯を注ぐ

 2回目にお湯を注いだ際のやり方を意識して、3回目も注ぎます。
 最初にお湯を注ぐ位置を決めて、
 ドリッパーの中心に500円玉の円をクルクルと描いていきましょう。
 表面に泡が万遍なく広がったらお湯を止めます。
 中心が膨らんで少しずつ凹んできます。
 この動きが止まってしまう前に次のお湯を注ぎましょう。

 

カップに注いで出来上がり

 人数分のコーヒーを淹れ終わったら、タイマーを止めます。
 ドリッパーは、お湯が残っていても
 メモリまでコーヒー液が到達していたら、サーバーから外して下さい。
 最後にサーバーからカップにコーヒーを注いで出来上がり。
 

TOPに戻る