優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

コーヒーの挽き方(グラインド)

コーヒー豆 

f:id:linderabella:20200625102002p:plainf:id:linderabella:20200709210828j:plain

焙煎したコーヒー豆を抽出器具に合わせて挽くのが、
美味しさのポイントです。
 

1.極細挽き

  粒の大きさは、白糖ぐらい。
  「エスプレッソ」や「ターキッシュコーヒー」に適しています。
 
 

2.細挽き

  粒の大きさは、 白糖とグラニュー糖の中間ぐらい。
  ウォータードリップで淹れる「ダッチコーヒー」などに適しています。
 
 

3.中細挽き

  粒の大きさは、グラニュー糖ぐらい。
  一般に市販されているグラインドコーヒーはこのタイプが多いです。
  「ペーパードリップ式」や「コーヒーメーカー」などとの相性が良いです。
 
 

4.中挽き

  粒の大きさは、 グラニュー糖とザラメの中間ぐらい。
  「サイフォン式」や「ネルドリップ式」に適している。
 
 

5.粗挽き(荒挽き)

  粒の大きさは、ザラメ程度。
  パーコレーターで淹れる時に適しています。
  「ペーパードリップ式」とも相性が良いです。
 
 パーコレーター
 コーヒー用のポットのことですが、
 通常のポットとは違い、
 直火でお湯を沸かしてそのままコーヒーを作る
 構造になっています。
 抽出中、蓋のガラス部分から中を覗いて、
 色合いを見て濃さを判断します。
 丈夫で故障も少ないため、アウトドアに最適!
 

TOPに戻る