優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

紅茶の成分

紅茶の健康効果

f:id:linderabella:20200625101931p:plainf:id:linderabella:20200709105220j:plain

 

紅茶には、身体にうれしい様々な成分が含まれています。
美味しいだけでなく、意外な効用が期待されています。
 

1.テアニン

 紅茶の旨味や甘味、香りをもたらす「アミノ酸」の一種。
 気分をリラックスさせる効果もあるので、ストレス解消にも。
 

2.タンニン

 活性酸素の外から細胞を守ってくれる
 強い「抗酸化作用」や、
 血液を固まりにくくする作用が期待されています。
 「カテキン」とも呼ばれる。
 

3.カフェイン

 新陳代謝や皮下脂肪の燃焼を促す働きがあるので、
 美肌やダイエット効果が期待されています。
 大脳の自律神経を興奮させる作用、覚醒、
 疲労回復効果もあります。

 

4.ビタミンB群

 身体に必要なエネルギー源を作り出すビタミンBは、
 皮膚の病気や口内炎などを防いだり、
 疲労回復やストレス解消にも 効果がある。
 

5.カロテン

 抗酸化作用がありますが、
 浸出された紅茶には含まれないので、
 茶葉をそのまま使うお菓子作りなどに。
 

6.カリウム

 筋肉の収縮や弛緩を助ける働きがあるので、
 便秘解消にも効果があり、
 体内の老廃物の排出を促す利尿作用もあります。
 

7.アミノ酸

 旨味や甘味をもたらす成分で、
 興奮を抑えて、心と身体をリラックスさせる効果があります。
 

8.フッ素

 歯のエナメル質を強くする働きがあり、
 殺菌作用のあるカテキン類と共に虫歯予防に効果があり、
 歯磨き粉などにも使われています。
 

TOPに戻る