優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

急須~急須の取っ手の位置

日本茶の道具

f:id:linderabella:20200421103250j:plain

「急須」は
お茶を淹れる時にはかかせない、そして美味しく楽しむための道具です。
 
美味しいお茶を淹れるためには、そのお茶にあった急須の選び方が大切です。
急須には、大きく分けて4つのタイプがあります。
 

・急須のタイプ

  1. 横手型(よこてがた) 急須
  2. 後手型(うしろでがた)急須
  3. 上手型(うわてがた) 急須
  4. 宝 瓶(ほうびん)
 
 

1.横手型急須

 注ぎ口と、ほぼ直角に棒状の持ち手があるタイプが「横手型急須」です。
 日本茶用の急須としては、最も伝統的で一般的な物がこの横手型です。
 片手で蓋を押さえながらお茶を注ぐことができるのが特徴で、
 小中サイズのものが多く、少人数で煎茶を淹れるのに適しています。
 持ち手が横に付いているため、収納性は余りよくありません。
 
 

2.後手型急須

 注ぎ口と、一直線上の反対側に持ち手があるタイプが「後手型急須」です。
 紅茶のティーポットや、中国茶の急須に多い形状で、
 向かいにいる人の茶碗にお茶を注ぐ時にも、注ぎやすい急須です。
 比較的、高さのある形状のものが多いです。
 
 

3.上手型急須

 持ち手が急須の上についているタイプが「上手型急須」です。
 お湯の量が多く重くても持ちやすいので、
 土瓶など大きなものによく見られる急須です。
 番茶やほうじ茶など、
 淹れる温度が高温で、お湯の量を余り気にしなくていいお茶に
 向いています。
 
 

4.宝瓶

 持ち手がないタイプの急須が宝瓶です。
 小さいサイズのものが多く、持ち手がないので、
 直接持っても大丈夫な、玉露や上煎茶など、低温で淹れるお茶に
 適しています。
 持ち手がないのでコンパクトに収納できるのも特徴です。
 京都宇治では一般的に使用されている急須です。
 
 

TOPに戻る