優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

ベトナム式コーヒー

コーヒー

f:id:linderabella:20200709195750j:plain

 

ベトナムは世界第2位のコーヒー豆生産国です。

 
ベトナム式コーヒー」とは、
コーヒー大国ベトナムでの飲まれている濃いめのコーヒーと
コンデンスミルクの甘さが癖になる、エスニックコーヒーです。
日本でも人気が高く、ベトナム料理店などで楽しむことが出来ます。
 
ベトナムは、植民地支配を受けたフランスの影響が色濃く残っており、
ベトナム式コーヒー」は、深めに煎ったコーヒー豆を
フランスの伝統的なフィルターである「組み合わせ式フィルター」で抽出し、
コンデンスミルクを加えたコーヒーです。
高温多湿のベトナムでは、新鮮な牛乳を手に入れにくい環境だったため、
コンデンスミルクを代用したのが始まりとされています。

 

 

適したコーヒーと分量

一杯分の目安は、コーヒーの粉12~15gに対し、お湯は120cc程度。
金属製のフィルターは穴を開けただけになっているので、
コーヒーは「中挽き」程度にし、細かく挽き過ぎないように注意しましょう。
そして、濃厚なミルクに負けない濃いコーヒー液にするために、
「フレンチロースト」など「深めに焙煎」したものをお使い下さい。
 
また、ベトナム式コーヒーに欠かせないのが「練乳(コンデンスミルク)」です。
こちらは一杯当たり、20~15gを目安にお好みで加えて下さい。
 

 

美味しい淹れ方

1.フィルターにコーヒーをセットする
  中蓋を開けて、フィルターに杯数分のコーヒーを入れます。
 

  

 
2.中蓋を締める
  中蓋を乗せネジで締めます。
  きつく締め過ぎると抽出にかかる時間が長くなり、
  濃い目のコーヒー液になります。
  蓋の締め加減でお好みの濃さに調整してみて下さい。
 
 
3.お湯を注ぎ蒸らす
  予めコンデンスミルクを入れておいたグラスの上に
  コーヒーをセットしたフィルターを乗せ、
  穴の開いている中蓋の上から、少量のお湯を注いでコーヒーを蒸らします。
 
 
4.抽出する
  20秒程度おいてコーヒーを蒸らしたら、
  残りのお湯を注いで、上蓋をし、コーヒー液が全てグラスに落ち切るまで
  待ちます。
 
 
5.フィルターを取る
  抽出が終わったら、上蓋を裏返してその上にフィルターを置きます。
  コーヒーとコンデンスミルクをよく混ぜて、完成!
 

  

 

アイスコーヒーの場合

予め氷の入ったグラスを別に用意しておき、
抽出後、コンデンスミルクとよく混ぜたコーヒーを
一気にグラスに注いで冷やします。
 

【1000円ポッキリ 送料無料】ベトナムコーヒー G7 2種お試し ブラック15袋+3in1 10袋 計25袋 インスタント スティック チュングエン メール便対応

トップに戻る