優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

日本茶をティーバッグで美味しく淹れる

日本茶・レシピ

f:id:linderabella:20200709095301j:plain f:id:linderabella:20200625101857j:plain

 

紅茶でお馴染みのティーバッグですが、
今では緑茶のティーバッグ商品も充実してきました。

 

 

最近では、茶葉で淹れた時と同じように美味しくて、香りの良いものが増えています。高級なティーバッグには、上質の茶葉を細かく刻んだお茶が使われます。
 
ティーバッグの中のお茶の葉が細かいのは、味や香りを出やすくするためです。
そのため、一煎目で味や香りがほとんど出てしまうので、お茶を淹れる都度、
新しいティーバッグを使うのがおススメです。
ティーバッグを使った基本的な淹れ方をご紹介します。

 

[用意するもの]
  • ティーバッグ(人数分)
  • 湯のみ   (人数分)
  • お湯    (沸騰させたもの)
 

 
[淹れ方]
  1. 湯のみにティーバッグを入れる。

  2. ポットのお湯を、湯のみの8分目位まで注ぐ。
    ※ パッケージに適温が書かれている時は、
      必要に応じて湯冷ましをして下さい。

  3. 30秒、またはパッケージに書かれた浸出時間
    待ったら、ティーバッグを取り除く。

 

 

急須を使って淹れることもできます。
2人分以上を淹れる時に便利です。
 
 
[用意するもの]
  • ティーバッグ(人数分)
  • 湯のみ   (人数分)
  • お湯    (沸騰させたもの)
 
[淹れ方]
  1. 急須に人数分のティーバッグを入れる。

  2. ポットのお湯を急須に注ぐ(人数分)
    *パッケージに適温が書かれている時は、
     必要に応じて湯冷ましをします。

  3. 30秒、あるいはパッケージに書かれた浸出時間、
    静かに待つ急須のお茶を、湯のみに注ぐ。
    *味や量が均等になるようにまわし注ぎをし、
     最後の一滴まで注ぎ切ります。
 
 保存する時は、茶葉と同じように、
 茶缶などに入れて湿気から守ります。
 におい移りにも注意して、
 開封後は出来るだけ早めに使うように
 しましょう。
 

TOPに戻る