優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

冷茶の淹れ方

日本茶・冷茶

f:id:linderabella:20200709095301j:plain f:id:linderabella:20200625101907j:plain

ここでは、冷茶の淹れ方を3種類ご紹介します。

 

 

夏にぴったりの、見た目にも涼しいお茶は、意外と簡単に出来ますよ。
茎茶、焙じ茶、番茶など他のお茶にも応用して、冷茶を楽しんで下さい。
 
 

 

水出し煎茶の淹れ方

(煎茶、深蒸し茶、玉緑茶)

 
こちらは普段お使いの茶器を使って作る、常温に近い温度のお茶です。
熱くもなく、かと言って冷た過ぎることもないので、体に優しい温度です。
冷茶ポットなどに入れて冷蔵庫で冷やして飲んでもOKです。
 
 

 
 
[用意するもの]
  • 急須
  • 湯のみ(人数分)
  • 茶葉(ティースプーン×人数分)
    煎茶は一人当たり2g強(ティースプーン山盛り1杯程度)
    (お湯で淹れる時よりも、茶葉は少し多めに)
 
[冷茶の淹れ方]
 1.水を湯のみの八分目程まで注ぐ。
 
 2.急須に茶葉を入れる。
 
 3.湯のみの水を急須に注ぎ、蓋をして静かに待つ。
   (15分程度)
   茶葉がじわじわと開いて、
   成分がだんだんに浸出してきます。
 
 4.急須から湯のみに注ぐ。
   量と味わいが均等になるように「まわし注ぎ」。
   (1→2→3→3→2→1→1→2・・)
   濃厚な旨味が詰まった最後の一滴まで
   注ぎ切りましょう。
 
 

 

冷茶の淹れ方

オン・ザ・ロック編)

水出し煎茶と違って、高温で溶け出しやすいカテキンなどの成分も頂くことが出来ます。
 

 
 
[用意するもの]
  • 急須
  • 湯のみ(グラスでも良い)
  • お湯
  • 茶葉
 [冷茶の淹れ方]
 1.いつもより少し濃いめに煎茶を淹れます。
 2.グラスに氷を入れます。
 3.急須から、氷を満たしたグラスにお茶を注いで急冷します。
 
 

冷茶ポット編

気軽に沢山お茶を飲みたい時におススメの方法です。

 
 
[用意するもの]
  • 冷茶ポット
  • お茶
  • お茶パック
  • お湯(少々)
[冷茶の淹れ方]
 1.お茶パックに茶葉を入れる。
   パックの中でも茶葉が十分開くように、少なめに入れます
   ポットの大きさに合わせて、お茶のパックを複数入れ、濃さを調整します
 
 2.冷茶ポットにお茶のパックを入れ、茶葉が浸る程度のお湯を注ぎます。
 
 3.5分程経って、お茶の葉が開いてきたら、水を注ぎます。
   30分程度待ちます。
   (お茶により、抽出時間が異なります)
   冷蔵庫に一晩おいても良いです。
 
 4.お茶の成分が出てきたら、お茶パックを取り出します。
   出来上がったお茶は、その日の内に飲みましょう。
 

TOPに戻る