優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

番茶

日本茶・茶葉

f:id:linderabella:20200709095301j:plain f:id:linderabella:20200709103335p:plain

「番茶」とは、お茶の種類の一つです。
 

 
 
ばん茶」には「茶」や「茶」の字が当てられます。
元々は、遅い時期(夏、秋など)に十分成長した葉を採って作る
茶を指して「晩茶」と言っていました。
 
日本茶業中央会」では、番茶を次のように定義しています。
「大きい型の煎茶。
 原料が古葉や硬い新葉で、おおむね扁平(へんぺい)な形をしている。
 原料が硬化してから摘採して製造するものと、
 荒茶の仕上げ中に選別されるものと二通りある」
 
「番茶」の示すお茶の範囲は広く、
緑茶の規格に入り切らない、通常の煎茶とは異なるものを総じて
「番茶」と呼びます。
 
 
一般的に「番茶」と呼ばれるものは四種類存在しています。
 
  1. 夏以降に収穫された
    「三番茶」や「四番茶」と呼ばれるもの
     

  2. 秋や冬に収穫された茶葉で作られたもの


  3. 煎茶の選別作業ではじかれた茶葉で作られたもの


  4. ほうじ茶
 
 
すっきりとしていて、飲みやすい味わいが特徴的です。
その飲みやすさと手に入りやすさから、
昔は日常的に飲むお茶と言えば「番茶」でした。
 
実際、番茶の「番」という字には「普段使い」という意味があり、
そこから発想して「番茶」と呼ばれるようになったという説があります。
 
 
北海道、石川、京都といった一部地域では
「ほうじ茶」全般を「番茶」と言うことがあります。
 
伝統的に、「京番茶」、「阿波晩茶」など、産地独自の製法によって作られるお茶も「番茶」と呼ばれ、今も西日本を中心に各地に伝わっています。
 
  •  京都の「京番茶」 (別名、いり番茶)


  •  石川の「加賀棒茶」
     

  •  奈良の「日干番茶」(焙じ番茶の一種)
 
今日の「番茶」は広い意味で使われ、
玉露や上級煎茶などに対し、「廉価な下級煎茶」を指します。
 
この「番茶」の原料は、仕上げ一番茶や二番茶の
仕上げ工程で寄り分けられた硬葉や古葉、一番茶や
二番茶を摘採した後、次のお茶に備えて整枝した茶葉などです。
 

 
番茶を美味しく淹れるためには、大きめの急須が必要です。
番茶の茶葉は通常の煎茶よりも大きいことが多いからです。
また、番茶は煎茶とは異なり、一回飲む量が多いので、
水を多く入れることが出来る急須を用意しましょう。
 
 
番茶を淹れる時は、
熱湯を使って、さっと淹れるのがポイントです。
番茶の茶葉は大きいので、
時間をかけてじっくりとしていると、
葉の中のカテキンが多量に分泌されてしまい、
渋い風味になってしまいます。
 
 
番茶のすっきりとした味わいを楽しむのであれば、
熱湯でさっと淹れて、ガブガブと飲むのがおススメです。
 
 

秋番茶 ティーバック6g(1リットル分)×40個入×6袋セット

TOPに戻る