優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

荒茶からつくられる仕上げ茶

日本茶・茶葉

f:id:linderabella:20200709095301j:plain f:id:linderabella:20200709103335p:plain

 

産地の製茶工場で加工された「荒茶」は、
形が不均一で水分も多く、長く貯蔵できないので、
仕上げ加工を行って、商品性を高め、香味を向上させた茶を
「仕上茶」として市販します。
 
 
 
煎茶の仕上げ加工方法は、
「篩い分け」「乾燥(火入れ)」「選別」「合組」「包装」
などの工程があります。
 
「仕上げ加工」は、茶問屋や茶商など行っており、
全国で約1300工場、そのうち静岡県には400工場あります。
 
 
 
1.篩い分け


丸久小山園の抹茶篩缶セット

 
太さを揃える「平行篩い」や「振動篩い」、
粉を除去し、長さを揃える「廻し篩い」があります。
総合仕上機は、これらの篩いと切断機を組み合わせて、
連続的に茶の形を揃える機械です。
 
 
 
2.火入れ

荒茶を乾燥し、貯蔵性を高め、
「火入れ香」という特有な芳香を生成させて
香味の向上を図るために行います。
狭山茶は、火入れによって生まれる香りである「火香」(ひか)に特徴があります。
 
 
3.選別

茶に混入している木茎を除去するために行います。
「静電式」という方法を使って、
茶葉を高圧電場中に通して、茶葉と茎をする選別機は
業界で広く使われています。
 
 
 
4.合組
 
仕上げ加工した茶の特質を生かして、
消費者の嗜好や価格に適するよう取り合わせることを
ブレンド」と言います。
 
 
仕分けた物は、大きく、
煎茶などの主体になる「本茶」とそれ以外の「出物」の2種類あります。
 
「本茶」になれなかった「出物」も、形状や部位に応じて、
「茎茶」、「粉茶」、「ティーバッグ原料」など、
別の用途が用意されています。
 
[荒茶からつくられる仕上げ茶と二次利用品]
煎茶 煎茶の荒茶からは、「煎茶の仕上げ茶」、出物を使った「番茶」、「粉茶」、「茎茶」、出物を再加工した「ほうじ茶」、「玄米茶」などが作られます。
出物の粉の部分は、ティーバッグの中身、インスタントティーなどの飲用の二次利用、カフェインやカテキンなどの成分抽出するための原料などにも使われます。
玉露 玉露の荒茶からは、「玉露の仕上げ茶」と、「雁が音」などのお茶がつくられています。
碾茶 碾茶の荒茶は、篩いにかけて葉肉の柔らかいところ(浮葉状の部分)だけを「抹茶」に使います。仕上げ工程を経た碾茶は「仕立茶」とも呼ばれています。
抹茶は吸湿しやすく保存が難しいので、仕立茶で冷蔵保存しておき、必要に応じて、石臼で挽いて抹茶にします。
抹茶は、点てていただくだけでなく、最近は加工食品への利用も増えています。

お茶ミュージアム

 
5.包装
仕上げ茶を計量し、袋や茶箱などに詰めて、消費者に販売したり、小売店へ卸します。
包装材や包装方法は、お茶の品質に影響する
「酸素」、「臭い」、「光」などを遮るように工夫されています。
 
一般消費者向けには、プラスチックフィルム、ラミネートフィルムなどで作られた袋がよく使われます。袋の中の空気を抜いたり、窒素ガスを注入したり、脱酸素剤を入れたりしているのも、お茶の品質・鮮度維持への配慮によるものです。

トップに戻る