優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

基本のミルクティの淹れ方

紅茶(HOT)

f:id:linderabella:20200625101937p:plain

 
 
ミルクを入れた紅茶は、胃に優しく、朝にピッタリ。
ストレートティーを濃い目に淹れるのがポイントです。
茶葉はアッサムやウバなどがおススメです。
 
 
[材料]
  • 熱湯(1杯分):150~160ml
  • 茶葉(1人分)
      ・大きい茶葉:ティースプーン大盛り1杯=約3g
      ・細かい茶葉:ティースプーン中盛り1杯=約2.5~3g
  • 牛乳
    (コーヒー用クリーム、生クリームはおすすめできません!)
 
[用意するもの]
 
[淹れ方]
1.茶葉を入れる
  ティーマットを敷き、温めておいたポットに茶葉を入れる。
  ストレートティーより茶葉をやや多めにすると、
  しっかりとコクが出る
 
 
2. お湯を注ぐ
  沸騰させた熱湯を手早く勢い良く注ぐ。
  ポットはやかんのそばへ置いて湯を注ぐとよい。
 
 
3.茶葉を蒸らす
  すぐに蓋をしてティージーを被せる。
  ストレートティーよりも長めに蒸らすと、濃いめにできる。
 
 
4.ポットに注ぐ
  茶漉しを使い、温めておいた別のポットに注ぐ。
  「ゴールデンドロップ」と呼ばれる、最後の一滴まで注ぎ切る。
 
 
5.9分目まで注ぐ
  カップの9分目まで注いでおくと、
  ミルクと混ざっても、ぬるくなりにくく、丁度よい熱さになる。
  *カップに熱湯を注いで温めておく。
   ミルクを先に注ぐ場合も、先に温めておいて!
 
 
6.常温のミルクを注ぐ
  クリーミーブラウン色になるまで牛乳を注ぐ。
  牛乳は紅茶の温度を下げないように常温にしておく。
   *カップに先にミルクを注ぐ方法でもよい。
 
 

TOPに戻る