優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

オンザロックス形式でアイスティーを淹れる

紅茶(ICE)

f:id:linderabella:20200625101949p:plain

 
氷に濃い紅茶を一気に注ぎ、熱を急速に下げてシンプルに作る
オンザロックス形式」をご紹介します。
 

 


 

[材料]
  • 水 (1杯分):70~80ml
  • 茶葉(1杯分):大きい茶葉はティースプーン大盛り1杯約3g、
            細かい茶葉は中盛り1杯約2.5~3g
[用意するもの]
 
[淹れ方]
1.熱湯を沸かす
  水道から汲み立ての、空気を沢山含んだ新鮮な水を
  やかんで熱湯を沸かす。
 
 
2.茶葉を入れる
  予め温めておいたポットに茶葉を量って入れる。
  アイスティーの場合でも、ポットは温めておく。
 
 
3.お湯を注ぐ
  2倍の濃さの紅茶を作るので、
  ストレートティーより半量の熱湯を、
  手早く勢いよくポットに注ぐ。
 
 
4.茶葉を蒸らす
  すぐに蓋をしてティージーを被せる。
  ストレートティーより短く蒸らすのがコツ。
 
 
5.別の容器に移す
  茶こしを使って別のポット、または耐熱容器などに移し替える。
 
 
6.砂糖を加える
  甘味をつける場合は、グラニュー糖を入れる。
  紅茶が白く濁る「クリームダウン」を防ぐこともできる。
 
 
7.氷を入れ紅茶を注ぐ
  氷をグラスにたっぷり入れて、
  6. の紅茶を7分目まで注いで、冷やす。
  急速に冷やすことが大事なので、手早く注ぐ。
 
 
8.マドラーで混ぜる
  グラスの底面近くを押さえ、マドラーで軽く混ぜる。
  氷が解けてくるので、追加の氷を2~3個のせ8分目に仕上げる。
 
[透明感のあるアイスティーを作るには]
 (クリームダウンを防ぐ)

 紅茶は冷えると、タンニンとカフェインが結合して、
 白く濁って見える「クリームダウン」が起こることが
 あります。
 飲んでも害はないのですが、風味は落ちてしまいます。
 防ぐためには、
   1.グラニュー糖を加える
   2.タンニン含有量の少ない茶葉を遣う
   3.蒸らし時間を短くする
   4.ポットに紅茶を入れ替える  など
 

TOPに戻る