優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

紅茶のクオリティシーズン

紅茶 

f:id:linderabella:20200710203915j:plain

紅茶の茶樹は亜熱帯から熱帯地方に植生します。
そしてそれらの地域には大なり小なり
「雨期」と「乾期」が存在します。
そして、クオリティーシーズンは「乾期」に当たります。
 

 

 
香りが非常に大切な特徴である紅茶は、
日をよく当てた方がよいと言われます。
なぜなら、香り成分を含む「ポリフェノール」は、
太陽光線に当たると大量に生成されるからなのです。
このような理由から、「クオリティーシーズン」の紅茶は
高く評価される傾向にあります。
その年の天候などによっても時期や品質が左右されますが、
「クオリティーシーズン」は一般的には、
その産地で最も品質のよいお茶ができる時期のことを言います。

 

クオリティシーズンの紅茶として
日本の市場に出るのは、
インドはダージリンとアッサム、
スリランカはヌワラエリヤ、ディンブラ、ウバ、
中国はキームンなどが有名です。
 
代表的な産地の「クオリティーシーズン」をご紹介いたします。
 
インド ダージリン
ファーストフラッシュ
(春摘み茶)
3月~4月
セカンドフラッシュ
(夏摘み茶)
5月~6月
オータムナル
(秋摘み茶)
10月~11月
  アッサム
ファーストフラッシュ
(春摘み茶)
3月~4月
セカンドフラッシュ
(夏摘み茶)
4月~6月
オータムナル
(秋摘み茶)
9月~11月

スリランカ

(セイロン)

ウバ 8月~9月
ディンブラ 1月~2月
ヌワラエリヤ 2月~3月
中国 キームン 4月~5月
 

TOPに戻る