優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

スティックコーヒーとは

インスタントコーヒー

f:id:linderabella:20200625102002p:plain f:id:linderabella:20200628163424j:plain

一杯分のコーヒーがスティック状の袋に入っており
お湯を注ぐだけで簡単に作れるタイプの
「スティックコーヒー」。
 
ブラックや微糖、カフェインレス、無添加で安全なものなど、
種類も豊富です。
 
「スティックコーヒー」は
賞味期限も長くて、誰でも簡単に作れて、
かつ値段も安いことから多くの人気を集めています。
 
 

スティックコーヒーの選び方

スティックコーヒーの選び方の基準として、

  1. ブラックや砂糖入り、またはミルク入りなどのタイプで選ぶ
  2. 中身の種類数、1箱の本数で選ぶ
  3. カフェインかノンカフェインかで選ぶ
  4. 水で溶けるかどうかで選ぶ
以上の4点を挙げてみました。
 

1.タイプで選ぶ

味の調節が出来るブラックのスティックコーヒーか、
初めから砂糖やミルクが入っている手軽なスティックコーヒーか、
それともフレーバー系のスティックコーヒーか、
というのも選ぶポイントのひとつになります。
 
① ブラック好きなら無糖
  「コーヒーはブラック」という方は勿論、
  砂糖やミルクは自分で後入れしたい方にも、
  ブラックのスティックコーヒーはおすすめです。
  甘さを控えめにしたり、ミルクをたっぷり入れたりと
  自由に調節出来るので、自分好みのコーヒーに近づけることが出来ます。
 
② 甘めが好きな方は加糖
 砂糖入りでないとコーヒーが飲めない方におススメ。
 カロリーの抑えられた加糖のスティックコーヒーもあります。
 おやつと一緒に飲む時は微糖のスティックコーヒー、
 単体で飲む時は普通の加糖のスティックコーヒーなど、
 その時に応じて飲み分けても良いかもしれませんね。
 
③ まろやかなコーヒーが好きな方はミルク入り
 
④ 違った風味を楽しみたい方はフレーバー系
  

2.中身の種類数で選ぶ

スティックコーヒーには、
「1種類のコーヒーが入ったタイプ」と
「数種類が詰合せになっているアソートタイプ」があります。
アソートタイプのスティックコーヒーは、
1種類入りに比べるとやや割高ですが、
その時の気分によって飲み分けが出来るので、
その充実感を踏まえれば納得の価格とも言えるでしょう。
 
① 1箱の本数で選ぶ
 スティックコーヒーの1箱に入っている本数は
 10本入りから30本入り、
 多いものでは100本入りというものもあります。
 本数が多いものは価格が安く設定されているので、
 お得ですし、沢山入っている分、頻繁に買いに行く手間も省けます。
 
 抹茶ラテやショコラ系ラテなどの
 珍しいスティックコーヒーの場合は、
 数本入りと本数が少なく、
 価格も本数に対して割高に設定されている場合が多いです。
 

3.カフェレスかどうかで選ぶ

コーヒーにカフェインは付き物ですが、
カフェインレスのスティックコーヒーも販売されています。
妊婦さんや授乳中のお母さん、また子供さんなどは、
カフェインレスのスティックコーヒーがおススメです。
カフェインが入っていないので、安心して飲むことが出来ます。
 

4.水以外で溶けるかどうかで選ぶ

スティックコーヒーには、水や牛乳で溶けるタイプのものもあります。
アイスコーヒーやよりまろやかなコーヒーも楽しみたい場合には、
お湯以外で溶けるものを選ぶと良いでしょう。
 

トップに戻る