優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

サイフォン式コーヒーの美味しい淹れ方

コーヒー

f:id:linderabella:20200709195750j:plain

 
 
ポコポコと音を立てながらコーヒーを抽出する「サイフォンコーヒー」。
サイフォンで淹れることで、コーヒーの豆本来が持つ風味が引き出されて、
クリアな味わいを楽しむことが出来ます。
 
 
サイフォンコーヒーの始まりには諸説ありますが、
19世紀のヨーロッパで発明された方法と言われています。
イギリス人が発明したバキューム方式の仕組みがフランスで改良され、
現在のような形になりました。
 
日本に伝わったのは大正時代。
「コーヒーサイフォン」として広まり、その後「サイフォン」という省略形の名称で
呼ばれるようになりました。
 
 
 
[道具]
 
[下準備]
 
 
[淹れ方]
  1. ロートにフィルターをセットする。


  2. フィルターにお湯をかけ温める。


  3. フラスコに溜まったお湯を捨てる。


  4. フラスコの水分をキレイに拭き取る。

  5. フラスコの目盛り3カップまでお湯を入れる。

  6. アルコールランプに火をつけて、フラスコの下にセットする。


  7. コーヒー粉25g(2杯半)をロートに入れる。

  8. ロートを斜めにセットする。

  9. 鎖の先から小さな泡が出始めてからロートを刺す。

  10. お湯が1/3程上がってきたら竹べらでかき混ぜる。


  11. お湯が上がりきった状態で20~30秒待つ。

  12. 火を外して、アルコールランプを消す。

  13. もう一度、丁寧にコーヒー粉をかき混ぜる。

  14. コーヒーが落ちてくるのを待つ。

  15. 泡が出たら(抽出完了)ロートを外す。

  16. コーヒーカップに注いで、完成!

 

BODUM ボダム サイフォン式コーヒーメーカー ePEBO イーペボ 11744-01JP

トップに戻る