優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

みる芽

日本茶・茶葉

f:id:linderabella:20200709095301j:plainf:id:linderabella:20200709103335p:plain

 
「みる芽」は、お茶の若く柔らかい芽のことを言います。
まだ開ききっていない、葉になる前の状態である「芽」の中でも
とりわけ生まれたての芽を「みる芽」と呼びます。
 
この「みる芽」という言葉は、静岡のお国言葉「みるい」から生まれた言葉です。
静岡は東西に長い県で、
かつては、東から「伊豆国」「駿河国」「遠江国」に分かれていました。
「みるい」は一番西、遠江の言葉で、現在の浜松周辺でよく使われるようです。
新鮮・新しい・柔らかいなどのニュアンスを持っていて、
「みるい芽」「みる芽」となりました。
 
今では全国のお茶業界で一般的に使われる言葉で、
「みる芽茶」を商品名にしている製品もあります。
 
 
茶の木の「みる芽」は、柔らかいだけでなく、
まだ紫外線を浴びていないため渋み成分のカテキンが少なく、
甘みが強いお茶になります。
 
 

【金澤茶園】 新芽緑茶 みる芽茶 ( 茶 お茶 知覧茶 鹿児島 緑茶 一番摘み 農薬不使用 GREEN TEA 天然素材 自然 金澤バイオ KANAZAWA BIO)

TOPに戻る