優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

賞味期限が切れたコーヒーの活用方法

コーヒー豆 

f:id:linderabella:20200625102002p:plainf:id:linderabella:20200709210828j:plain

f:id:linderabella:20200412140350p:plain

 
賞味期限を大幅に過ぎてしまったコーヒーや、
風味が抜け切ってしまったコーヒー。
捨ててしまうのはちょっと待って!
コーヒーの性質や成分を活かせば、
生活の中でまだまだ役に立てることがあります!
 
 

脱臭剤、消臭剤として活用!

コーヒー豆は焙煎することで膨張し、
小さな孔が沢山空いた
「多孔質」(たこうしつ)という構造になり、
周りの臭いや湿気が吸着しやすくなりますので、
その性質を利用して、「脱臭剤」にしてみましょう。
 
小皿や瓶、目の荒い布袋などに入れて、
キッチンや冷蔵庫などの臭いのこもりやすい場所に入れておきましょう。
特に「アンモニア臭」には、
活性炭以上の威力を発揮するという研究結果もあります。
トイレや靴箱の脱臭剤としてもおすすめです。
 

蚊取り線香代わりに「虫除け」として活用

コーヒーの粉を耐熱容器に入れて火をつけると、
蚊取り線香のようにじんわりと燃えて煙が立ち、
その臭いを虫が嫌うため、虫除けの効果が期待できるそうです。
キャンプや庭仕事の際にいかがでしょうか。
 

靴や床磨き、金属磨きに活用!

コーヒー豆には含まれる脂質が、靴や床、金属をピカピカにしてくれます。
コーヒーの粉を布に包んで磨いてみましょう。
但し、明るめの色の物は磨かないで下さい!
 

草木染めの要領で、「コーヒー染め」に活用!

コーヒーを濃い目に抽出して、
Tシャツやハンカチなどを染めてみるのはいかがですか?
アンティーク調の素敵な色合いが楽しめます。
 
濃い目に抽出したコーヒーを大きな鍋に入れて、
染めたい物を入れて煮立てます。
好みの濃さに染まったら、塩やミョウバンなど触媒になるもので色止めをし、
その後しっかりとすすいで干せば完成です。

トップに戻る