優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

ジャーマンカモミール

ハーブティー(German Chamomile)

f:id:linderabella:20200625102036j:plain

穏やかな鎮静作用があり、
イライラや興奮、緊張、不安を鎮めたい時におススメのハーブです。
神経が昂ぶって眠れない夜は、温かいハーブティーにして飲むと
安眠へと誘ってくれるでしょう。
 
花を牛乳で煮出したミルクティーは、不眠症や生理痛の緩和にも役立ちます。
花をハチミツ漬けにしたり、リンゴなどの果物と一緒に煮るのもおススメです。
 
f:id:linderabella:20200625102036j:plain
リンゴのような香りと自然の甘味でまろやかな口当たり
 
 
 ローマン種はお茶にすると苦味が出るため、飲用にはジャーマン種がおススメです。
 
 
  • 学  名:Matricaria recutita
  • 科  名:キク科
  • 使用部位:花
  • 主な作用:消炎、鎮静、鎮痙、駆風適応:胃炎、胃潰瘍、月経痛、
         皮膚炎(外用)、口内炎(外用)
  • 注意事項:キク科アレルギー
 
 
炎症を鎮める消炎作用にも優れ、蒸気を吸い込むと、
花粉症や鼻詰まりの解消に役立ちます。気管支炎に役立ちます。
ハーブティーを飲むのは勿論、うがいに使用するのもおススメです。
鎮痙作用が胃痙攣や生理痛に役立つ他、
胃炎、胃潰瘍、胃もたれなどの胃の不調にも有効です。
 
 

[ハーブティーの特徴]

ドライは特有の果物と花を足した強い香りがあります。
ティーは青リンゴのようなフルーティー感と温かい花の香りです。
茎部分が多いと、ハーバルな香りが強くなります。
「セスキテルペン類」の「ビサボロール」の甘味のある香りが
ほのかに香ります。
 
甘酸っぱく果実を思わせる濃厚な風味です。
砂糖などとは違う自然な甘さがほのかにあり、
苦味や渋味がほとんどない穏やかな味です。
抽出5分以降からエグ味などが出ます。
3分だと味が薄いが苦味も少ないため、
軽めで飲みたい時は3分以内に抽出すると良いでしょう。
 
・ドライ:乾燥花の黄色
・水色 :フラボノイド色素の薄黄色で透明
 
 

[ハーブティーの基本的な淹れ方]

  ・1杯当たりの量:小さじ2
  ・ベスト抽出時間:蒸らし5分間
 
 

[飲み方ワンポイント]

 ハーブティーの代名詞とも言えるハーブですが、
 苦手な人も多いので、お客様などに出す際は気を付けた方がいいでしょう。
 基本的に味の濃い物や香りの強いものと組み合わせると、
 その風味が消されてしまう一方、量が多いと苦くなるので注意が必要です。
 花粉が多い場合、敏感な方には注意します。
 
 

[料理・スイーツ、お酒との相性やおススメの組み合わせ]

 意外とイタリアンに薄めのカモミールティーが合います。
 香りの良いカモミールティーに、白ワインと甘酸っぱいリンゴを加えた
 ホットドリンクもおススメです。
 
 
 
<関連>
f:id:linderabella:20200719105344j:plain
カモミール
f:id:linderabella:20200903172325j:plain
ジャーマン
精 油
f:id:linderabella:20200903172325j:plain
ローマン
精 油
f:id:linderabella:20200806155936j:plain
ジャーマン
ウォーター
f:id:linderabella:20200806155936j:plain
ローマン 
ウォーター
f:id:linderabella:20200720134019j:plain
栽培