優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

セントジョンズワート

ハーブティー(St. John's wort)

f:id:linderabella:20200719105344j:plainf:id:linderabella:20200625102036j:plain

「セントジョーンズワート」は北西ヨーロッパの原産で、
今日では北米やアジアの道端でも見かけることが出来ます。
 
伝説によると、「セントジョーンズワート」は
洗礼者ヨハネが首を落とされた時の血から生えて来たと言われていて、
それがこのハーブの名前の由来となっています。
 
古代ギリシャ時代から薬草として使われ、
中世ヨーロッパでは悪霊を追い払う特性を持っていると信じられていました。
 
気分を晴れやかにしてくれるため、
欧米などでは、「ハッピーハーブ」や「サンシャインハーブ」とも呼ばれ、
うつ病や不眠の治療などに用いられてきました。
 
 
  • 学  名:Hypericum perforatum
  • 和  名:西洋オトギリソウ
  • 科  名:オトギリソウ科
  • 使用部位:地上部
  • 作  用:抗うつ、消炎、鎮静
  • 適  応:神経疲労、軽度~中等度のうつ、  
         季節性感情障害、月経前症候群、創傷、火傷
  • 注意事項:MAO阻害薬との相互作用の可能性があります。
         飲用後に直接日光に当たると、
         日光に対するアレルギー反応を生じる場合があります。
 
 
抗うつや鎮静の作用があり、うつ状態や神経の疲労など、
精神面のストレス緩和に用いられます。
季節性の感情障害、月経前症候群(PMS)、
更年期に特有の沈みがちな気分にも有効と言われています。
心に疲れを感じた時、気分がすぐれない時に試したいハーブです。
 
「セントジョーンズワート」には消炎効果があり、
神経痛や炎症などに対し古くから湿布薬として利用されてきました。
その他、このハーブに含まれる成分がHIVウィルスの増殖を阻害するとの
調査報告もあり、その抗ウィルス作用が注目されています。
 
一方で注意も喚起されています。
「セントジョンズワート」をある種の抗うつ剤と併用すると、
抗うつ剤の標的である脳内化学物質セロトニンが増え、
生命を脅かす可能性もあります。
また、ピル、ジゴキシン、一部のHIV薬や抗癌剤などといった、
多くの処方薬の効果を弱めてしまうこともあります。
 
「セントジョーンズワート」の
妊婦や子供に対する安全性情報はほとんどないため、
妊娠もしくは授乳中、
あるいは子供にサプリメントを与えようと検討している場合は
専門家に相談することが特に大切です。
 
f:id:linderabella:20200625102036j:plain
少し苦味のある味で、すっきりとした香り
 
タンニンを比較的多く含むので、
ストレートティーでは渋く、やや飲みづらさを感じるかもしれません。
リラックスの働きをもつハーブと組み合わせて、効能の相乗効果を狙う他、
味のしっかりした紅茶などとブレンドすると、飲みやすくなります。
 

[ハーブティーの特徴]

甘みを含んだ複雑な香り
苦味や渋味のある大地の風味。
薄い紅茶のような色
 
 
<おススメの使用法>

1.ハーブティーを飲む

  f:id:linderabella:20200625102036j:plain

 ハーブティーでハッピーな気分に。
 ペパーミントとのブレンドティーもおススメです。
 

2.チンキを入れたハーブティーを飲む

  f:id:linderabella:20200625102036j:plain

 水、湯、ハーブティーにチンキを適量入れて飲めば、
 落ち込んだ時に復活させてくれます。
 
<関連事項>
f:id:linderabella:20200719105344j:plain
ハーブ
f:id:linderabella:20200903172325j:plain
精 油
f:id:linderabella:20200806155936j:plain
芳香蒸留水
f:id:linderabella:20200723201602j:plain
浸出油の作り方