優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

ダンディライオン

ハーブティー(Dandelion)

f:id:linderabella:20200625102036j:plainf:id:linderabella:20200719105344j:plain

春先になると、道端に黄色い花を咲かせる「ダンデライオン」。
日本では「タンポポ」と言い、約20種自生しています。
 煎った根を使った「タンポポコーヒー」はとても香ばしい味で、
ノンカフェインのコーヒーとして人気があります。
 
欧米では「自然の薬局」と言われるほど有用なハーブで
日本でも根は生薬として食欲増進、胆汁分泌の促進、便秘の解消などで
用いられてきました。
 
 
学名 Taraxacum officinale
科名 キク科
使用部位
主な作用 緩下、強肝、催乳、利胆、利尿
適応 肝臓・胆嚢系の不調、便秘、消化不良、リウマチ
注意事項 ・胆汁管の傷害、重篤な胆嚢炎、腸障害がある方は使用を避けて下さい。
・キク科の植物にアレルギーがある方は注意が必要。
 
 
f:id:linderabella:20200625102036j:plain
 春を思わせる、軽い甘味のある味と香り
 
 
葉と根の2か所を用いる珍しいハーブで、葉は利尿を、根部は強肝を目的に用います。
利尿作用が高く、身体のむくみを取ったり、毒素を排出するハーブとして知られます。
また、消化不良や便秘を解消するのにも役に立ちます。
更に、母乳の出を良くする働きもあります。
 

ハーブティーの特徴]

ドライは根や土っぽさを連想する香りです。
ティーはローストしない状態では、
土や草の香りにどこか甘さを持ち合わせた香りで、
漢方薬ともシロップとも取れるような香りです。
 
味の方も香りと一緒で、薬っぽい苦みがあり、
その中に僅かに水溶性炭水化物(イヌリン)の甘味が感じ取れます。
ローストするとコーヒーのような風味になります。
苦味はタラキサシンの苦味です。
抽出時間を長くすると、苦味や酸味が出てコーヒーに近づきます。
 
・ドライ:こげ茶。ローストすると濃くなります。
・水色 :ローストはアーモンド色。
     5分くらいで急に色付き、長時間抽出すると濁ってきます。
 

ハーブティーの基本的な淹れ方]

  ・1杯当たりの量:小さじ1
  ・ベスト抽出時間:蒸らし5~6分間
 

[飲み方ワンポイント]

 長く抽出すると苦味や雑味が出ます。
 ブレンドする際、よく出したい時は細かく砕いて下さい。
 媒染の旨味を加えたい時に加えると、香ばしさも増します。
 またフェンネルなどのスパイスとのブレンドやミントとのブレンドもおススメ。
 苦味が苦手な方は、ハチミツや黒砂糖を入れて飲むのもおススメです。
 濃いめに作ったハーブティーに、ミルクを注ぐとカフェオレのような味わいになり、
 飲みやすくなります。
 
「強肝のハーブ」
苦味は胃腸の働きを活発にし、肝臓の働きを強化します。
3つのハーブは、「強肝のハーブ」として知られています。
作用が強くて一番苦いのが「ミルクシスル」です。
苦みハーブを飲みやすくするために、ペパーミントを少し加えてみて下さい。
 
 根を焙煎したものは
 ノンカフェインでヘルシーな「タンポポコーヒー」として飲まれています。
 
 
<関連事項>
 

トップに戻る