優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

パッションフラワー

Passion flower(ハーブティー)

f:id:linderabella:20200625102036j:plainf:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
鎮静効果のあるハーブとして名高く、「天然の精神安定剤」と言われ、
数世紀に渡って、神経緊張や不眠の治療に使われてきました。
交感神経中枢の働きを正常にする効果があると言われています。
  • 学  名:Passiflora incarnata
  • 科  名:トケイソウ科
  • 使用部位:地上部
  • 作  用:中枢神経の鎮静、鎮痙
  • 有効成分:アルカロイド、フラボノイド、グルコシド、
         ステロールなど 
  • 適  応:精神不安、心身の緊張、高血圧、不眠、   
         ストレスに起因する偏頭痛・腹痛
  • 注意事項:妊娠中の人は使用を避けて下さい。
         精神安定剤などの薬との相互作用にも
         注意が必要です。
 
「パッションフラワー」には、
中枢性のアルカロイド類が含まれており、
神経系を鎮静化に導き、リラックスさせる働きがあります。
過度の緊張や不安、イライラ、
気持ちがそわそわして落ち着かない時などに役立ちます。
 また、鎮静・鎮痙作用のあるフラボノイド類も含まれるため、
不眠の際には緊張を緩める力が相乗的に作用します。
 
f:id:linderabella:20200625102036j:plain
 クセのない草花の香りと味わい
 
眠りが浅い時や、なかなか寝付けない時は、
就寝前にハーブティーやチンキを飲むと、
神経の緊張状態が解れて、ぐっすりと眠ることが出来ます。
「ジャーマンカモミール」や「オレンジフラワー」などと
ブレンドして飲めば、
リラックスや眠りの作用が高まります。
 

[ハーブティーの特徴]

ドライは草っぽい香りが強いです。
ティーにすると焼き海苔とグリーンな香りです。
湯を入れると海藻の香りが経ちます。
抽出の初めのうちは海藻の香りがしますが、
5分を過ぎた頃から香ばしさが増し、焼き海苔のような香りに変わり、
時間が経つほど、グリーンの香りが前に出てきます。
 
アルカロイドを含むため、多少の苦味は避けられませんが、
それほどキツくはないです。
全体には旨味があり、リンデンから花香をマイナスしたような風味で
緑茶に似ているほんのりとした刺激と収斂性がありますが、キツくはありません。
10分以上抽出するとエグ味が出て若干ピリッとします。
 
・ドライ:黄緑から緑
・水色 :フラボノイドの色素による薄黄緑で透明です
 

[ハーブティーの基本的な淹れ方]

  ・1杯当たりの量:小さじ1
  ・ベスト抽出時間:蒸らし7分間
 

[飲み方ワンポイント]

 精神系ハーブ特有の薬のような草のような独特の味や香りを持つため、
 なるべく香りのはっきりしたハーブとブレンドするとよいです。
 華やかな香りを持つ「ローズ」や
 青リンゴのような甘い香りの「カモミール」などがおススメです。
 
 
<関連事項>