優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

タイ サイアム ブルームーン

コーヒー豆 

f:id:linderabella:20200709210828j:plain

 

縁起の良いコーヒー・パワーをもらえるコーヒー
「タイ サイアム ブルームーン」
 
タイは、アジアでは三番目に大きなコーヒー生産国です。
 
タイで生産されているコーヒーの99%は
インスタントや缶コーヒーなど加工用に使われている
低品質のコーヒー豆のロブスタ種ですが、
唯一北部のチェンマイで
高品質のスペシャルティコーヒー
「サイアム ブルームーン」が生産されています。
 
 
サイアムとはタイの旧国名で、
このコーヒーはチェンライ地域に住む
アカ族やリソー族により収穫されています。
 
「アカ」とは「川から遠く離れる」ことを意味する言葉だそうで、
かつて川沿いに暮らし伝染病にかかった経験から
山間や急斜面に暮らすようになった民族です。
 
 
このコーヒーの精製に使われる水は
パワースポットで有名な泉の水。
  1. その昔ブッダが一晩泊まったとされる場所にある泉。
  2. 満月の夜に月光が煌びやかに水面に写り、光の柱が浮かびあがるように見えた、という伝説をもつ泉。
  3. ラマ9世が戴冠式でも使用した水は、この泉の水。

 

いかにもパワーが宿っていそうな泉の水を
「サイアム ブルームーン」の精選に使用されています。
なんだかコーヒーにも、不思議なパワーが宿っているような気がします。
 
パワーがあるかないかは
それぞれ皆さんで判断していただくとして、
丁寧に仕上げられたコーヒーは
すっきり飲みやすくクリーンな味わいで優しい印象のコーヒーです。
 
 
八州高原珈琲さんが焙煎した
「レアな変わり種 珈琲3種セット」は他に、
ブラジルらしいナッツフレーバーと甘味、酸味、そして
程よい苦みを持つ「ショコラ ピーベリー」と
グアテマラ産のソラマメのように大きなコーヒー豆
「マラゴジッペ」です。
「マラゴジッペ」は、カフェイン含有量は少なめで、
柔らかなコクと細やかな酸味、フルーティな口当たりがするそうです。
 

トップに戻る