優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

珈琲:砂糖の選び方

コーヒー

f:id:linderabella:20200709195750j:plain

 

 コーヒーを飲む時に、砂糖やミルクを入れて飲みますか?
そのまま「ブラックで飲む」ことはコーヒーの本来の味を楽しめますが、
砂糖やミルクを入れることによって
コーヒーの持つ個性を引き立てる可能性があるのをご存知でしたか?
実はコーヒーをブラックで飲む習慣は世界では珍しく、
日本のコーヒー文化ならではの飲み方らしいのです。
 
また「砂糖」と言っても沢山の種類があって、
種類によってはコーヒーの味を打ち消してしまうこともあります。
砂糖とコーヒーの相性を覚えておきましょう。
 

ホットコーヒーの場合

基本的に、砂糖自体の味に構成があるものは、
コーヒーに不適切とされています。
例えば、コクがある「ブラウンシュガー」や
ミネラル豊富な「黒砂糖」などは向きません。
 
また、味以外の理由で適していないのが「上白糖」です。
何にでも合いそうですが、
溶けにくく、固まりやすいので、コーヒーには不向きなのです。
 
「コーヒーシュガー」や「角砂糖」はコーヒーによく合いますが、
この2つは溶け切るまで甘さが分かりにくいとため、
微調整が難しいという難点があります。
 
結論として、最も相性が良いのは「グラニュー糖」。
溶けやすく味もスッキリとしているため、
コーヒーの味や香りを損なわず甘さをプラスしてくれます。
 

f:id:linderabella:20200730150143j:plain

 

<グラニュー糖>

溶けやすく、
コーヒーの味を邪魔しないスッキリとした甘さ。
コーヒーに最適の砂糖。
 

<角砂糖>

ラニュー糖を固めたもの。
溶けにくいため、分量の調節が難しいのが欠点です。
 

<コーヒーシュガー>

キャラメルで着色していますが、
味にクセがないのでコーヒーにはよく合います。
溶け切るまでガマン、ガマン。
 

<上白糖>

しっかりとして溶けにくく、固まりやすいため、
基本的には使用しないほうがいいでしょう。
 

<ザラメ糖>

「白双糖」と「中双糖」があり、
「白双糖」は純度が高く見た目はグラニュー糖に似ています。
「中双糖」は「三温糖」と製法が似ていて
ミネラル成分を少し含んでいます。
どちらも結晶が大きく溶けにくい性質があるため、
コーヒーに入れることは不向きと考える方もいますが、
だんだんと甘みが増す風味の変化を楽しめるという特徴もあります。
 

三温糖

「グラニュー糖」などを作り出した後に残る蜜から作られるため
ミネラルを含んでいます。
このミネラルがコーヒーの風味を損ねる場合があります。
コーヒーに合わせてミルクを加える場合や
アレンジコーヒーを作る場面では、
コーヒーの風味を際立たせるポイントになることもあります。
 

<ブラウンシュガー>

コクのある甘さが
コーヒーの味をぼやけさせてしまうので、
向いてません!
 

<黒砂糖>

砂糖自体の風味が強過ぎるので、
コーヒーの味を打ち消してしまうため、
向いてません!
 
 

アイスコーヒーの場合

アイスコーヒーに甘みを加える場合は、通常「ガムシロップ」を入れます。
ただ、ガムシロップには保存料や甘味料などが入っていることが多いため、
コーヒーの味が変わってしまいます。
砂糖と水だけの「シュガーシロップ」を手作りしてみませんか?
 

[手作りシュガーシロップの作り方]

 鍋に水100mlを入れて加熱し、
 沸騰したらグラニュー糖100gを加えて煮溶かします。 
 砂糖が完全に溶けたら完成です。
 粗熱が取れてから保存容器に入れましょう。
 (冷蔵庫保存で1~2か月)
 

トップに戻る