優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

ベニバナ(サフラワー)

茶外茶(safflower)

f:id:linderabella:20200625101914j:plainf:id:linderabella:20201029124125j:plain

紅花はキク科ベニバナ属の一年草です。
北アフリカ・エジプトが原産で、
紀元前から栽培されている女性のための薬草と言われています。
日本では、奈良時代から栽培されており、
布の染料や口紅など、様々な生活用品に古くから利用されてきました。
 
 
  • 学  名:Carthamus tinctorius
  • 和  名:紅花、紅藍(べにあい)、呉藍(くれのあい)、
         末摘花(すえつむはな)、久礼奈為(くれない)
  • 英  名:Safflower
  • 科  名:キク科
  • 使用部分:花
  • 主要成分:脂肪酸、リグナン、フラボノイド、ステロール
  • 作  用:血行促進、子宮収縮、通経、発汗、緩下
  • 注 意 点 :子宮を収縮させる作用があるので、妊娠中の人は
         使用を避ける。
         出血性疾患、消化性の潰瘍のある場合は避ける。
         キク科アレルギーの人は注意
 
 
種子からはリノール酸を多く含む紅花油が採れます。
紅花油は、血管壁についたコレステロールを除く働きや、
高血圧予防に効果があるとされています。
最近では、紅花の種子に含まれるポリフェノール成分に
血管年齢の改善効果があることも明らかになっています。
また、通経作用に優れていることから、生理痛や生理不順、
更年期障害と言った婦人科系の症状にも有効と言われています。
 
 
f:id:linderabella:20200625101914j:plain
 柔らかいフローラル系の香りと独特の風味
 
 
「紅花茶(サフラワーティー)」は、巡りをサポートすることで、
冷え性を改善するのに役立ちます。
また、ぽかぽか温めてコリの予防に役立ちます。
女性の大切な月のリズムを整えるサポートにも使われます。
 
あっさりとして飲みやすいので、
ふだん飲んでいるお茶にブレンドするのもおススメです。
ドライフラワーのサフラワーにお湯を注ぐと、
鮮やかな黄色に変化するので、見た目もキレイです。
ただ、サフラワーの色素は洋服につくと取れなくなるため、
こぼさないようご注意を。
 
 
<関連事項>
f:id:linderabella:20201029124125j:plain
日本の薬草
f:id:linderabella:20200719105344j:plain
ハーブ
 

トップに戻る