優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

ヤロウ

ハーブティー(Yarrow)

f:id:linderabella:20200625102036j:plainf:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
「ヤロウ」はヨーロッパと西アジアの原産で、
ヤロウは干上がった土壌でも自生する丈夫なハーブで、
世界中の温暖な地域の道端や畑の周辺などに自生しています。
枝には細かい葉が対になって密集しており、
それがノコギリの歯のように見えたことから「ノコギリソウ」と名付けられました。
 
学名のAchillea(アキレア)は、ギリシャ神話の英雄アキレスがトロイ戦争の際に
兵士の傷をこのハーブで癒したことに由来しています。
古くから傷薬として重宝され、
スコットランドでは伝統的な傷薬の軟膏がヤロウから作られています。
 

 
f:id:linderabella:20200625102036j:plain
 キリっとした香りと辛味
 
 
 「ヤロウティー」を熱くして飲むと、
発汗を促して毒素を体外に排出させるので、
熱を伴う風邪や咳、咽頭炎といった感染症を緩和するのに役立ちます。
利尿作用もあるため、膀胱炎など泌尿器系の感染症にも有効に働きます。
ロマなどの移動民族から伝わったとされる、
ヤロウ、エルダー、ミントの
ブレンドティー(各小さじ1/3)は、
風邪を引いた時のレシピとして、
古くからヨーロッパで飲まれているそうです。
 
生理不順を改善したり、生理痛による骨盤周辺の痙攣や憂鬱を和らげたりするなど、
女性の体調を整えるハーブとして重用されています。
 
また、ネガティブな気分を浄化してくれるとも言われています。
 
 
  • 学  名:Achillea millefolium
  • 和  名:セイヨウノコギリソウ
  • 科  名:キク科
  • 使用部分:花、葉
  • 主要成分:フラボノイド、タンニン、コリン、
         カリウム、ミネラル
  • 作  用:血圧降下、血液浄化、抗痙攣、
         抗炎症、殺菌、収れん、発汗、利尿
  • 注 意 点 :妊娠中の人やキク科アレルギーの人は
         使用を避けて下さい。
 
ハチミツを加えると更に美味しくいただくことが出来ます。
 
 
<関連事項>
f:id:linderabella:20200719105344j:plain
ハーブ
f:id:linderabella:20200903172325j:plain
精油
 

トップに戻る