優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

一期一会(いちごいちえ)

 
禅 語(出典『山上宗二記』『茶湯一会集』) 
 
一生あるいは生涯において、
ただ一度きりの会合、出会いということ。
一瞬一瞬に全身全霊を傾ける心の持ち方を言う。
 
山上宗二記』には、
「常の茶湯なりとも、路地へ入るより出るまで、
一期に一度の会のように亭主を敬い畏るべし」とある。
 
また、井伊直弼は『茶湯一会集』の序説で次のようにいう。
「たとえ幾度同じ主客が交会しても、
 今日の会は再び繰り返されないことを思うと、
 実に一生に一度きりのものである」。
 
茶会では、
もう二度と会えないという覚悟で相手と応対し、
別れを惜しむ気持ちが大切である。
 

トップに戻る