優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

和敬清寂(わけいせいじゃく)

 
禅 語
 
千利休の茶の精神を四つの規範として言い表した言葉で、
茶祖・珠光が創唱したものとされる、禅の神髄に繋がる言葉でもある。
 
「和」は、囚われの心から脱却して、和らいで混じり合うこと。
「敬」は、敬い尊敬すること。
従って、「和敬」とは、
主客相互が職業や地位、貴賤などの違いを超えて、尊敬し認め合うことである。
 
「清」は、あらゆる対立を超越した清らかな心の状態。
「寂」は、仏教における「空」や禅宗における「無」のように
絶対的・相源的な境涯のことである。
 

トップに戻る