優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

日々是好日(にちにちこれこうにち)

 
禅 語(出典『碧巖録』) 
 
毎日毎日がかけがえのない最良の日である、ということ。
唐代の禅僧である雲門禅師の言葉で、広く知られた禅語の一つ。
 
人生には、晴れの日もあれば雨の日も、
また楽しい日もあれば悲しくて辛い日もある。
しかし、悲しい時は泣いて悲しみ、嬉しい時は精一杯に喜ぶというように、
どんな時にも、それを良き日として受け取ることが出来れば、
一日一日が安楽な「好日」となる。
 
過去の誤りにこだわったり、肩肘張った未来への計らいを捨てて、
今日只今を、一生懸命生きなさいというのが禅の教えである。
  

トップに戻る