優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

青山元不動 白雲自去来(せいざんもとふどう はくうんおのずからきょらいす)

 
禅 語(出典『景徳伝燈録』) 
 
対句である。
青くそびえる山は不動のものであり、
その周りに白雲がやって来てはまた去っていくという情景。
 
山という不動の世界は、
厳然と動じることのない心、つまり仏性をたとえたものであり、
雲という動く世界は、自由に変化する心、つまり煩悩や妄想の例えである。
 
何事にも動じない心とは、頑迷な心の事ではない。
雲の去来で山の姿が見え隠れするように、柔軟性がなければならない。
一方、雲は執着しない心でもあるが、
自由自在に動けるのは、
不動の山があるからこそだということを忘れてはならないのである。
 
 

トップに戻る