優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

一日不作一日不食(いちにちなさざればいちにちくらわず)

 
禅 語(出典『五燈会元』) 
 

自分が一日になすべきことをしなかったら、その日は食事をしない、ということ。

「作」は働くの意味で、全問における作務のこと。
 

唐代の名僧、百丈懐海(ひゃくじょうえかい)は年老いてもなお、

毎日の作務を怠らなかった。

老体を心配した弟子達は、

百丈に休んでもらおうと、密かに作務の道具を隠した。

すると百丈が食事をしないので、
弟子達がその理由を尋ねると、百丈は
 「一日作さざれば、一日食らわず」と答えたのである。
 
座禅をすることだけが修行ではない。
人のために尽くす行為を行って初めて一人前に食事が出来る、
という自戒の言葉である。と同時に勤労の尊さを謳った言葉でもある。
 

TOPに戻る