優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

日本茶の上手な保存方法

f:id:linderabella:20200728122014j:plain

 

日本茶は、開封後、1カ月以内で飲み切れる量を、
その都度購入するのが理想ですが、なかなか難しい。
 
お茶を出来るだけ良好な状態を保っておきたい。
保存に難しいことはありません。
ちょっとした気使いで美味しいお茶を頂くことが出来ます。
 
お茶は「湿気」「高温」「光」「酸素」の影響で変質します。
 

開封したお茶>

ブリキなどの金属製の茶筒に移して、
涼しくて(5~10℃程度が理想)、
日光の当たらず、乾燥した場所に
置いておきましょう。
それでも少しずつ変質していくので、
出来るだけ早く使い切るのが望ましいです。
 
木製やガラス製の容器は、
直ぐに使う量だけを入れておく分には構わないのですが、
光を通したり湿気を受けたりしてしまうので、保管には不向きです。
 
 
開封して余った茶葉は、袋の中の余分な空気を向いてから、
密閉出来る食品用の袋に入れて、口をしっかりと閉じて、
乾燥した冷暗所に置きましょう。
 
冷蔵・冷凍保存する場合は、
「結露」と「庫内の食品の移り香」には要注意です。
また、冷蔵庫に入れたまま忘れてしまうこともありがち。
ですから、家庭なら結露のことも考えれば、
涼しくて日の当たらない乾燥した所に置いておくだけでも十分かもしれません。
 
 

<未開封のもの>

開封のものを長期保存する場合は、
冷蔵庫や冷凍庫に入れておくのは有効な方法です。
但し、外に出した時には、(特に暑い季節は)温度差で結露しやすくなります。
冷蔵した茶葉は外に出してから
夏なら半日、冬なら3~4時間置いてから開封しましょう。
冷凍の場合は、冷蔵庫に移して1日、更に外に出して半日置いてから開封しましょう。
 

トップに戻る