優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

紅茶を更に美味しく「牛乳」

紅茶を更に美味しく

f:id:linderabella:20200625101931p:plainf:id:linderabella:20200626154243j:plain

 
疲れた心と身体をとっても癒してくれる美味しさです。
「美味しいミルクティー」に一番合うミルクのご紹介致します。
 
 
日本で一般的に市販されている牛乳(乳脂肪分およそ「3.5%」)と、
イギリスで一般的に市販されている牛乳(乳脂肪分が「4.0以上」)よりも薄く、
ミルクティーに使うと水っぽくなってしまいます。
英国式ミルクティーはこのミルクに合うように作られているので、
本格的な英国式のミルクティーを楽しむには、
乳脂肪分の高いミルクを使うしかありません。
 
 
おススメは「成分調整牛乳」です。
低温のまま水分を取り除いたりして、
牛乳の脂肪分を高めるような製法で調整された牛乳です。
余計な添加物を加えていないため、牛乳本来の味だけが残り、
最もイギリスで一般的に飲まれている牛乳に近いものです。
 
乳脂肪分が「4.0以上、4.4以上、4.5以上」と書かれている商品の中でも、
乳飲料」や「加工乳」と入った商品は、成分無調整の牛乳に
脱脂粉乳」や「チーズ、バター」などの乳脂肪分を添加したようなものですから、
ミルクティーに入れる牛乳としては、余りおススメ出来ません。
 
 

<おススメの牛乳>

こういった牛乳の中でおススメのものは、
オハヨー乳業から出ている「特濃4.4ミルク」と
タカナシ乳業から出ている「特選・北海道4.0牛乳」です。
RO膜濃縮製法により、低温のまま生乳に含まれている水分の一部を取り除いた、
濃くて美味しい牛乳です。
 
 

<牛乳の量>

ミルクの量はカップの高さの1/3が基本です。後はお好みで調整して下さい。
 
 

<温かいミルクを合わせる場合>

使うミルクは、たんぱく質の編成を防ぐためにも温めないのがおススメですが、
冷たいミルクを加えることで温度が下がることが気になる場合は、
ミルクを60℃程度に調節して合わせるのがおススメです。
特に、使用するミルクが低温殺菌牛乳の場合、
余りに高温になると、せっかくの香りが失われ、乳臭くなってしまいます。
電子レンジにミルクを温めるメニューがあれば、それを使うと便利でしょう。
 

TOPに戻る