優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

コピ・ルアク(コピ・ルアック)

コーヒー豆

f:id:linderabella:20200709210828j:plain

 

「世界一高級」と言われ、その独特な採取法が有名なコーヒーです。
 
「産地」ではなく、採取元である動物「ルアック」の名前から、
「ルアックコーヒー」と名付けられました。
「ルアック」とは「ジャコウネコ」のことで、
「ルアックコーヒー」はコーヒーの実を食べるジャコウネコの糞から
未消化の実を採取して作られます。
 
ジャコウネコは良質なコーヒーの実だけを判別して食べ、
食べた実を腸内で発酵させますので、美味しいコーヒーが出来上がるという訳です。
糞をそのまま豆として使っている訳ではなく、
きちんと豆のみを採取・洗浄してから販売されているので、汚いということはありません!
 
 
コピ・ルアク」の原産地インドネシアは、昔、オランダの植民地でした。
インドネシアの人々が作ったコーヒー豆はオランダ人の手に渡り、
インドネシア人がコーヒーを飲むことは禁止されていました。
そのため「コーヒーが飲みたい!」と考えた結果、
コーヒーの果実をエサとしていたジャコウネコの糞から豆を取り出し、
飲み始めるようになったのだそうです。
 
香り
チョコレートのような甘い香りが特徴で、匂いは強くなく、ふんわりと香る程度です。
 

味わい

ジャコウネコがエサとして摂取するコーヒーの果実は、元々強い苦味があります。
そのため、排出された豆も酸味ではなく、苦味が印象的な味わいになっています。
口に入れた瞬間にふわっと甘味が広がり、その後コクと深みが残るような感じです。
 

値段 

「アラビカ種」のものですと、日本では100gで8,000円が相場と言われていますが、
インドネシアでは2,000円~3,000円程度、もしくはそれ以下でも買うことが出来ます。
一匹のジャコウネコから一日に採取できる豆の量は、なんと3g!
コーヒーを一杯淹れるには豆が10g程ですから、仕方ないか。
高価ですので、通常のコーヒー豆にチョコレートの風味を足しただけという
偽物も出回っていますので、気をつけましょう。
また、ジャコウネコに無理やりコーヒーの果実を食べさせ、強制的に排泄させた豆もあるそうです(可哀想に😢)。
ただこう言ったものは、ネコにストレスがかかり、質の悪い仕上がりになっています。
見分けるのは難しいですが、安価で販売されているものは怪しいです。
 
 
 

トップに戻る