優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

スムージーとは?

スムージー

f:id:linderabella:20210805062113j:plain

f:id:linderabella:20200610105400p:plain

 
 
「スムージー」とは、
氷を加えたり凍らせた野菜や果物を組み合わせて
ミキサーにかけたドリンクのことです。
 
 

スムージーとは

 
スムージーはアメリカで生まれた飲み物で、
牛乳やアイスクリーム、氷を加えることもあった、
どちらかというと冷たいデザートやお菓子のような感覚で楽しむ飲み物でした。
 
 
伝統的なレシピでは、
凍らせた野菜や果物をミキサーにかけて作るものでした。
しかし時代によってレシピも変化して、
現在では、素材を凍らせずに生のまま氷とミキサー―にかけることが
主流になっています。
 
種や皮の部分は、繊維質が豊富に含まれていることや水分が少ないので、
そのままではどうしても粘度が高く、飲みにくくなってしまうので、
「水を加えます」。
 
やがて健康に気を使ったり、
野菜不足を補う目的で飲まれるようになってからは、
牛乳やアイスクリームがプラスされることもなくなり、
身体を冷やすと良くないということで、
氷ではなく「水が使われる」ことも多いようです。
 
 スムージーの定義 
  1. 皮や種も取り除かずにミキサーに入れます。 
  2. 作る時に「水を加える」。
  3. ハイパワーのミキサーを使います。
 

名前の由来

 
「スムージー」の名前の由来は
スムージーの滑らかで、スムーズな食感と喉越しからだと
言われています。
 
元々、スムージーを作る時、
野菜や果物を中心に、
牛乳やアイスクリーム、ヨーグルトと
ハチミツやガムシロップなどの甘味を加えて
ミキサーにかけていたため、
単に野菜や果物だけをミキサーにかけた時よりも
滑らか(=スムーズ)になるのです。
 

スムージーの特徴

 
ミキサーが必要
野菜や果物をまるごと使うため、
通常のミキサーでは種や皮を粉砕しきれず、
口当たりが悪くなってしまうので、スムージーを作る時には
ハイパワーのミキサーが必要になります。
 

linderabella.hateblo.jp

 
食物繊維が豊富
スムージーは、果物や野菜の皮や種も、
素材を丸ごとミキサーにかけて作るので、
ジュースよりも食物繊維や栄養素が豊富です。
 
素材の栄養素を丸ごと摂ることが出来る
また、スムージーは素材を砕いてそのまま飲むので、
加熱することもありません。ビタミン類は熱に弱いですから、
加熱処理された市販のジュースは
製造過程でビタミン類の栄養が失われていることがありますが、
スムージーは素材の栄養素を丸ごと摂ることが出来ます。
 
苦手な野菜も摂りやすい
スムージーであれば野菜と果物を上手に組み合わせることで、
苦手な野菜も摂取しやすくなります。
氷やシロップ、ヨーグルトなどを入れてスムージーを作れば、
冷たさや甘さで野菜の苦みをある程度消すことが出来ます。
また、ミキサーで潰して滑らかな状態にするので、
するっと飲みやすくもなります。