優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

マスカテルフレーバー

紅茶 

f:id:linderabella:20200710203915j:plain

紅茶には、花のような、若草のような、蜜のような・・・・・
多種多様な香りが表現され、香気成分が500種以上あることが分かっています。
 
中でもダージリンセカンドフラッシュの香りとして有名な
「マスカテルフレーバー」は、ウンカという虫の働きにより作り出されます。
セカンドフラッシュの生産シーズン、ダージリン地方は気温が上がり、ウンカが大量発生します。
ウンカは、茶葉の柔らかい部分から汁を吸います。
ウンカに噛まれた葉は、治癒しようとするために
「ファイトアレキシン」という物質を作り出しますが、これが甘い香りを演出するのです。
この香りを分析すると、リンゴの香りを示す物質「ジメチルオクタジエンジオール」と
それが脱水したグリーンな香りを示す物質「ジメチルオクタトリエンオール」が
混在しています。
これらの香りが合わさって、マスカットのような香りになるのです。
因みに、果物のマスカットにもこの2つの成分が含まれています。
こうした物質がウンカの働きによって作られ、紅茶の香りを左右することになるのです。
 
 

トップに戻る