優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

クミスクチン

茶外茶 

f:id:linderabella:20200625101914j:plain

 
「クミスチン」はシソ科の植物。
6月から11月にかけて白や薄紫の可憐な花を咲かせます。
マレー語で「ネコのヒゲ」を意味するこの名前は、
上向きにピンと反って長く伸びた雌しべが猫の髭に似ていることによります。
 
クミスクチンの葉茎を乾燥させてつくるお茶は、
沖縄では「グァバ茶」や「うっちん茶」と並んでポピュラーなもので、
アジアやヨーロッパでも古くから健康茶として愛飲されています。
葉にはポリフェノールの一種であるロズマリン酸や、カリウムを多く含んでいるため
利尿作用があり、腎臓の不調改善やむくみの解消に役立ちます。
 
 
  • 学  名:Orthosiphon Stamineus Benth.
  • 和  名:ネコノヒゲ
  • 科  名:シソ科
  • 使用部位:葉・茎
  • 含有成分:精油、油脂性フラボン(シネンセチン)、カリウム
  • 作  用:利尿・鎮痙
  • 適  応:腎猛炎・膀胱カタル・腎臓カタル・過敏膀胱
 
 

トップに戻る