優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

珈琲豆のブランド

コーヒー豆 

f:id:linderabella:20200709210828j:plain

珈琲豆のブランドのパターン

日本のコーヒー豆の輸入量は世界第三位。
大手コーヒーメーカーや大手焙煎業者が大量に購入した豆をブレンドした商品が
消費の多くを担っており、一定のレベルの品質が安定的に供給、
求めやすい価格で提供してくれます。
 
コーヒー豆の銘柄は実に豊富。
初めて買う時はどれを選んだらいいか迷ってしまいます。
名前の由来や付加された情報の意味「格付け」について知ると、
珈琲豆選びが楽しく
 
 
現在、日本に主に出回っているコーヒー豆のブランドは、
大きく6つのパターンに分かれます。
 
1.生産国・銘柄などの表示がない
 
  • 贅沢なコーヒー○○
  • ○○炭焼きコーヒー
  • ○○マイクロ波焙煎
  • ○○遠赤外線焙煎
 
 「豆のイメージ」や「どんな焙煎方法か」を表示しているだけのもの。
 豆そのものの質ではなく、味に特徴が出るようにブレンドしたり、
 焙煎に力を入れて商品化したものが多い。
 
 
2.ブレンドが表示されている
 
 
 「マイルド」、「スペシャル」と言った表示は、
 別に質の高い豆と言う意味ではありません。
 また、「キリマンジャロ」、「マンデリン」などの名前がある場合は、
 その豆を30%以上含有していることが義務付けられているためで、
 他の70%未満は何を使ってもいいのです。
 
 
3.国名(民族名・出港地)が表示されている
 
  • ブラジル (国名)
  • モカ   (出港地)
  • マンデリン(民族名)
 
 その国で生産された豆です。
 その情報以外、何も記載されていない場合は、
 格付けされていないか、格付けレベルが高くない豆という意味です。
 大量に作られた豆で、
 ワインに例えるなら「テーブルワイン」でしょうか。
 
 
4.地域名(広域)が表示されている
 
 
 世界には、上記の地域の様に
コーヒーの生産条件に恵まれた地域が沢山あります。
 この産地で収穫された豆は本物ならハズレは少ないです。
 但し、実際の輸入量を大幅に上回る量が
 日本の市場に供給されているブランドもあります。
 
 
5.国名・広域エリアと格付けが表示されている
 
 
 生産国がそれぞれ独自の規格で豆の格付けをしています。
 グアテマラのSHBなら標高1350m以上で収穫されたことを指し、
 コロンビアのスプレモやタンザニアのAAは
 豆のサイズが6.75mm以上であることを示すしています。
 格付け(グレード)が高いものはやはり美味しいです。
 但し、統一基準はありません。
 
 
6.国名と地域名・農園名・生産者名が表示されている
 
 
 農園や生産者がブランドになっているものは、
 ワインで言うなら「シャトー○○」と明示された上質ワインのようなもの。
 生産地迄辿れるこうした豆は、「スペシャルティ」と呼ばれる最高級品質が多く、
 かなり当たりの確率が高いです。
 

トップに戻る