優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

欧米での紅茶の歴史

紅茶 

f:id:linderabella:20200625101931p:plainf:id:linderabella:20200709110823j:plain

 

 

1610年、西欧に初めてお茶を伝えたのは、
当時、東洋貿易において独占的な立場にあった
オランダの東インド会社でした。
 
この時は、紅茶ではなく、平戸で買った日本茶
マカオポルトガル人から買ったChina産の緑茶でした。
 
一方、同じく東インド会社を経営していたイギリスは、
1669年にオランダ本国からのお茶の輸入を禁止する法律を制定し、
宣戦布告します(英蘭戦争)。
 
勝利を収めたイギリスはChina貿易で優位に立ち、
イギリス東インド会社が基地を置く
福建省厦門(あもい)のお茶が集められ、
それがイギリス国内に流通するようになりました。
厦門に集められたお茶は、
半発酵茶「武夷茶」で、この茶葉の色が黒かったことから、
“black tea”と呼ばれ、やがて西欧におけるお茶の主流になりました。
 
そして1823年、
イギリスの冒険家ブルースがインドのアッサム地方で
自生の茶樹(アッサム種)を発見されます。
そして、中国種と新しいアッサム種との交配が進み、
インド各地やスリランカバングラデシュ
お茶の栽培が盛んになるのです。
 
1870年代には、オランダもインドネシアにおいて
本格的なプランテーションを開発し、
自国の消費と貿易の商材としたため、
インドネシアがインド・スリランカケニアとともに、
世界有数の紅茶生産国となりました。
 
そして、紅茶の生産は第二次世界大戦後、
アフリカ諸国(ケニアマラウイ・南ア共和国など)に広がっていきます。
 

TOPに戻る