優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

コーヒーメニューの違い

コーヒー 

f:id:linderabella:20200625145806j:plain

f:id:linderabella:20200627135909j:plain



コーヒーのメニューには色々なものがあります。
カフェオレ、カフェラテ、カプチーノ、カフェモカなどなど・・・
その違いを正確に答えられる方は意外に少ないのではないでしょうか?
 
 

☕ エスプレッソ

イタリアでは「コーヒー」と言えば
この「エスプレッソ」のことを指します。
すばやく抽出することから、
「EXPRESS(急行)」=エスプレッソと呼ばれるようになったとか。 
 

☕ カフェ・オレ

ブレンドコーヒーと温めたミルクを合わせた
「コーヒー・ミルク」のことです。
正式には、コーヒーとミルクの量は同量で作ります。
フランス生まれのコーヒーメニューで、
「カフェ・オレ(cafe au lait)」とは、
「Coffee With Milk」の意味のフランス語です。
 
 

☕ カフェ・ラテ

エスプレッソコーヒーにミルクを合わせたもの。
イタリア生まれのコーヒーメニューで、
正式には「カッフェ・エ・ラッテ(Caffe e Latte)」と言って、
「コーヒーと牛乳」という意味です。
イタリアでは、「普通のミルク」を使いますが、
アメリカでは、「スチームミルク」(ミルクを蒸気で温めたもの)を
使うのが一般的なのです。
 

☕ カプチーノ

「スチームミルク」(ミルクを蒸気で温めたもの)と
「ホイップミルク」(ミルクを蒸気で泡立てたもの)の
両方注いで作るイタリア生まれのコーヒーメニューで、
一般的に、1:1:1の割合で作ります。
舌触りの違う二つのミルクが味わえます。
カトリック教会カプチン会の修道士が来ていた服・
カップッチョ」(cappuccio)に似ていることから、
この名前が付けられたと言われています。
 

☕ カフェ・モカ

エスプレッソをベースに、温めたミルクに加え、
チョコレートシロップを加えたものを指します。
コーヒーの風味の中に、ココアの風味を合わせ持ったような
甘いドリンクです。
元々、モカコーヒーの風味が
チョコレート(カカオ)に似ていることから、
コーヒーに
チョコレートやココアパウダーを入れた飲み物を総称して
「カフェモカ」と呼ばれるようになったとされています。
 

☕ カフェ・マキアート

エスプレッソに
ほんの少しスチームミルク(ミルクを蒸気で温めたもの)を加えた
イタリア生まれのメニューです。
「カフェ・マキアート」(caffe macchiato) のマキアートとは
イタリア語で「しみのついた」という意味で、
エスプレッソにたらしたミルクが「しみ」のように見えることから、
この名前が付いたと言われています。
 

☕ キャラメル・マキアート

カフェ・ラテにキャラメル味のフレーバー・シロップを加えて
甘く味付けしたコーヒーメニューです。
カフェなどでは、
装飾的に表面にシロップで美しいラインを描いたりすることが
多いです。
 

☕ ソイ・ラテ

ミルクを合わせたものが「カフェ・ラテ」ですが、
このミルクの代わりに豆乳を使ったのが「ソイ・ラテ」です。
 

トップに戻る