優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

コーヒーカップ

コーヒー

f:id:linderabella:20200709204615j:plain

 

どんなカップを使ってもコーヒーの味は同じではありません!
コーヒーカップの形状には特徴があり、
香りが飛ばないよう飲み口が狭く、
熱々のコーヒーが冷めないよう器に厚みがあります。
 
また、コーヒーの抽出方法や淹れ方によって
使い分けることも多く、
デザインによっては雰囲気も変わりますので、
様々なコーヒーを楽しむための道具とも言えるでしょう。
 

 

スタンダード

一般的なコーヒーカップのサイズ。
容量は120~140cc程度。
コーヒーが冷めないうちに飲み切れる最適量。
カフェや喫茶店で多く使用されるサイズです。
 
 

エスプレッソカップ

非常に濃く苦味があるエスプレッソは、3口程度で飲み干せるよう
工夫されていて、小さくて、飲み口に厚みをもたせています。
容量は30~60ml程。
エスプレッソ発祥の地イタリアでは、砂糖を大量に入れ、
混ぜずに飲むのがスタンダード。
食後のデザートの代わりに、またリフレッシュしたい時に飲むには最適です。
 
 

デミタス(デミカップ)

仏語で”デミ”は「半分」、”タス”は「カップ」という意味。
容量は70~80cc程度とスタンダードサイズの約半分で、
濃厚なエスプレッソやココアなどを飲むためのカップです。
 
 

カフェ・オ・レ ボウル

 
カフェ・オ・レ用のカップとして使用される
「bol」(仏語でお椀)の意味。
他のカップと比べて容量は多めとなっています。
 
 

マグカップ

マグカップは、様々な大きさがありますが、
容量はスタンダードの約1.5~2倍程度(約200~250ml)です。
容量が大きいのが特徴で、
コーヒーをミルクで割ったりする際にも溢れにくいメリットがあります。
基本的にソーサーは付属していません。
マグカップは、ビアマグや水差しから派生したとされています。
 
 

カプチーノカップ

カプチーノカップの容量は150〜180ccと、
レギュラーカップと同等ですが、
冷めにくいように、飲み口も比較的厚めのものが一般的です。
このカップにエスプレッソを注ぎ、スチームドミルクを注ぐことで、
カップの縁一杯のカプチーノが出来上がります。
底が小さく飲み口が広いのが特徴で、
ラテアートなどを楽しむ際にも描きやすくなっています。
 
 

トップに戻る