優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

用語

カテキンの抗酸化作用

日本茶・紅茶・健康効果 カテキン類の健康効果の中で、特に大きいものは抗酸化作用です。 カテキン類は活性酸素が人体の組織を攻撃するのを食い止め、 病気に発展するのを防ぐ働きがあります。 その抗酸化力はビタミンCやビタミンEの数倍から数十倍になると…

コーヒードリッパーの選び方

コーヒー 「コーヒードリッパー」は、 コーヒーの粉を入れたフィルターをセットして、固定するための器具です。 コーヒーの粉にお湯を注ぎ、フィルター内で抽出されたコーヒーが、 ドリッパーの底に空いている穴から、サーバーやカップへ落ちる構造に なって…

「ゴールデン・ルールズ」美味しい紅茶の淹れ方の法則

紅茶 1.良い茶葉を使うこと クオリティーシーズンや保存の仕方などに注意し、 TPOに合わせて最適な茶葉を選びましょう。 2.蓋のついたティーポットを使うこと 紅茶にとって、保温がもっとも大事。 蓋がないとすぐ冷めてしまいます。 使う前に湯通しをし…

アールグレイ

茶葉 日本でも非常に人気のある紅茶、「アールグレイ」。 「アールグレイ」は、 「ベルガモット」という柑橘の果皮から抽出した オイルを吹き付けて作られるフレーバー紅茶で、 イギリスで誕生し、今や世界的に飲まれています。 身体が温まるホットティーや…

紅茶のクオリティシーズン

紅茶 紅茶の茶樹は亜熱帯から熱帯地方に植生します。 そしてそれらの地域には大なり小なり 「雨期」と「乾期」が存在します。 そして、クオリティーシーズンは「乾期」に当たります。 香りが非常に大切な特徴である紅茶は、 日をよく当てた方がよいと言われ…

お茶(緑茶)の成分一覧

日本茶・健康効果 成 分 情 報 味の特徴 カテキン類 (タンニン) 茶の葉に含まれる タンニンの一成分 ・エピカテキン カテキンの成分の一つ 苦渋味 ・エピカテキン ガレード エピガロカテキンと 没食子酸エステル 渋味 ・エピガロカテキン エピカテキンとヒ…

神農伝説

日本茶・歴史・用語 お茶の原産地・Chinaには、お茶の発見が神話として伝えられています。 神話の主人公・神農(しんのう)は、紀元前2740年頃に活躍した皇帝。 実在が確認されている王朝より前の時代で、 三皇五帝の一人に数えられています。 三皇は「神」…

市販されている炭酸水の種類

炭酸水 天然炭酸水 天然水に天然の炭酸が含まれているものを 「天然炭酸水」と言います。 人工的に炭酸を加えた炭酸水よりも 比較的優しい口当たりになるのが特徴で、 炭酸が抜けにくいのもポイントです。炭酸の強さは産地によって異なります。 Perrier(ペ…

フレーバードティー

紅茶 香りには気分を明るくする不思議な力があります。 優しい花の香りや瑞々しいフルーツの香りをつけたお茶、 フレーバードティーはリラックスさせてくれます。 ガラスのポットで淹れれば、見た目の美しさにも心が和みます。 フレーバードティーの歴史や謂…

ティーストレーナー(茶こし器)

紅器 ティーポットからカップに紅茶を注ぐ時、 茶殻が入らないようにするために使うのが、 「茶こし(ティーストレーナー)」です。 日本茶の急須には 注ぎ口にセットされていることも多いのですが、 紅茶のポットはないものが多いです。 茶こしの形は様々で…

ティーコジー

茶器 紅茶のポットを覆うカバーは「ティーコージー」と言われ、 起源ははっきりしませんが、 19世紀後半から使われ出したようです。 ティーコジーを使えば、 紅茶を20~30分間は熱々のまま楽しむことが出来、 マットも加えて使用すれば、保温力は更に…

ティースプーン

茶器 紅茶を飲む時に、砂糖やミルク、レモンを混ぜるために使用する 「ティースプーン」。 ティースプーンをカップにを入れてかき回すと、 ふわっとよい香りが漂って、幸せな気分になるものです。 17世紀には、スプーンを使って紅茶やコーヒーに砂糖を入れて…

コーヒー豆の種類「リベリカ種」

コーヒー 「リベリカ種」は、 「アラビカ種」や「ロブスタ種」とともに 「コーヒー三大原種」の一つに挙げられているのですが、 世界全体のコーヒー流通量の1%以下の生産性しかなく、 ヨーロッパでの消費が多いので 日本で見ることはほとんどありません。 …

コーヒー豆の種類「カネフォラ種(ロブスタ種)」

コーヒー豆 現存するコーヒーの品種は、 「アラビカ種」「ロブスタ種」「リベリカ種」のいずれかであり、 この3つの品種はコーヒーの「三大原種」と呼ばれています。 このうち、 最もメジャーで広く世界中で愛飲されているのが 「アラビカ種」(コーヒー豆全…

コーヒー豆の種類「アラビカ種」

コーヒー豆 ブラジル、コロンビア、モカ、ガテマラ、マンデリン・・・ 現在、生産されているコーヒー豆の多くは圧倒的に 「アラビカ種」です。 原産地は、アフリカのエチオピア。 標高1,000~2,000mの高地で栽培されるため、 収穫時には多大な労力を要します…

コーヒー豆の精製方法4タイプ

コーヒー豆 コーヒー屋で 〇〇 ウォッシュド 〇〇 イルガチェフェ ナチュラル (エチオピア南部のシダモで作られている高級コーヒー豆) など目にすると思いますが、 これは国名、品種ではなく「精製方法」を表しています! 「コーヒーノキ」は約2〜3年で…

緑茶の味を決める3つの成分

日本茶 煎茶の味は、適度な渋味、苦味と旨味、甘味があって調和が取れ、 後味に清涼感のあるものが美味しいとされています。 これらの味を決める成分としては、 「カテキン類」「アミノ酸類」「カフェイン」が 代表的なもので、 特に「カテキン」と「アミノ…

炭酸水の定義

炭酸水 「炭酸飲料」は 日本農林規格(昭和49年6月27日農林省告示第567号)が制定され、 その定義において 「飲用適の水に二酸化炭素を圧入したもの」 及びこれに 「甘味料、酸味料、フレーバリング等を加えたもの」 と規定されています。 そして、「フレー…

紅茶の等級(グレード)

紅茶 紅茶の「等級」(グレード)は、 紅茶葉のサイズや形状を表すものです。 これは紅茶品質の良し悪しを表すものではなく、 あくまでも茶葉の大きさの単位です。 オレンジ・ペコー(OP)は大きな葉のタイプ、 ブロークン・オレンジ・ペコー(BOP)は…

コーヒーの挽き方(グラインド)

コーヒー豆 焙煎したコーヒー豆を抽出器具に合わせて挽くのが、 美味しさのポイントです。 1.極細挽き 2.細挽き 3.中細挽き 4.中挽き 5.粗挽き(荒挽き) 1.極細挽き 粒の大きさは、白糖ぐらい。 「エスプレッソ」や「ターキッシュコーヒー」に…

ペーパードリップで用意する器具

コーヒー ドリッパー/サーバー ドリッパーはコーヒーを濾すための器具です。 円すい型や台形のドリッパーがあります。 サーバーは、抽出したコーヒーを受けるために必要な器具で、 メモリが付いているので、抽出量が分かります。 ペーパーフィルター 抽出す…

紅茶をもっと楽しむために

紅茶 レモン、ミルク、砂糖を加えると、更に味の幅が広がります。 砂糖を入れて独特の風味を味わったり、 ミルクを加えてちょっとリッチな気分に浸ったり、 時にはほのかなレモンの香りを楽しんだり・・・。 気分に合わせてお好みの1杯を淹れてみましょう。…

紅茶の基本的な淹れ方「The Five Golden Rules」

紅 茶 「The Five Golden Rules」 (ファイブゴールデンルール) とは 英国式の紅茶の淹れ方のことです。 その歴史は古く 19世紀から今もなお受け継がれている 紅茶を美味しく淹れるための考え方です。 Use good quality tea.新鮮で良質な茶葉を使う Warm th…

TOPに戻る