優しいのみもの

「優しい」・・って、私基準です。

日本茶

さえあかり

日本茶・茶葉 「さえあかり」は、天然玉露と称される「あさつゆ」の孫茶です。 耐病性もあり色も良いことから、 近年特に注目を集めている品種の一つです。 「冴えた」色と茶業界に「明かり」を灯す品種であることから 命名されました。 「さえあかり」は、…

つゆひかり

日本茶・茶葉 「つゆひかり」は、 天然玉露と呼ばれる「あさつゆ」と 爽やかな香りを持つ「静7132」を掛け合わせて出来た品種です。 平成15(2003)年に品種登録されました。 実は、品種登録前に既に優良であると分かっていたため、 平成13(2001)年に静岡県茶…

ほうじ茶を作る

ほうじ茶 様々な市販品は出ていますが、ほうじ茶は作ることが出来ます。 出来立てのほうじ茶は格別の香りを楽しむことが出来ます。 ここでは本格的な焙煎機ではなくて、 手軽な器具を使って直火で焙じる方法をご紹介致します。 作り方 焙じ加減 葉と茎では、…

日本茶をティーバッグで美味しく淹れる

日本茶 紅茶でお馴染みのティーバッグですが、 今では緑茶のティーバッグ商品も充実してきました。 最近では、茶葉で淹れた時と同じように 美味しくて、香りの良いものが増えています。 高級なティーバッグには、 上質の茶葉を細かく刻んだお茶が使われます…

煎茶を美味しく淹れるためのポイント

日本茶 お茶の味、香り、水色は 茶葉の種類、茶葉の量、 湯の量、湯の温度、浸出時間によって 変わってきます。 美味しく淹れるための目安がありますので、ご紹介致します。 ただ、余り四角四面に考える必要はありません。 あくまでも目安と考えて、 自分の…

さえみどり

日本茶・茶葉 鹿児島や静岡などで栽培面積が増えている早生品種が 「さえみどり」です。 茶業試験場(鹿児島県枕崎市)で 優良品種の「やぶきた」と高品質な「あさつゆ」を 交配した中から選抜された品種です。 平成3(1991)年に品種登録されました。 色沢が…

かなやみどり

日本茶・茶葉 静岡県金谷の茶業試験場で誕生した、優良品種の一つです。 育成場所の金谷であったことから 「かなやみどり」と命名されました。 病虫害に強く有機栽培向きの品種としても活躍しています。 特徴は、ミルクのような甘い香りと 「やぶきた」にも…

あさつゆ

日本茶・茶葉 「あさつゆ」は、 茶業試験場(静岡県金谷町)で宇治在来種から選抜され、 昭和28(1953)年に品種登録された品種です。 古くからの煎茶用の高級品種のさきがけともいうべき、 当時から圧倒的に優れたお茶の品種でした。 その水色は、深蒸し茶に…

べにふうき

日本茶・茶葉 昭和40(1965)年に、 明治20(1887)年頃に多田元吉(ただもときち)が インドから導入した種子から選抜された品種 「べにほまれ」 を母親に、 昭和29(1954)年に第二次マナスル登山隊に参加し、 後に隊長を務めて初登頂に成功した槇有恒(まきゆう…

日本茶の栽培品種

日本茶 日本茶には色々な品種があり、 令和元(2019)年時点で約120種もの品種が存在し、 大別すると次の3通りに分けて扱われます。 そして、この品種を合計すると、60種類以上にもなります。 農林水産省登録品種緑茶用、紅茶用に国や県が育成し、農林水産省に登…

日本茶の上手な保存方法

日本茶 日本茶は、開封後、1カ月以内で飲み切れる量を、 その都度購入するのが理想ですが、なかなか難しい。 お茶を出来るだけ良好な状態を保っておきたい。 保存に難しいことはありません。 ちょっとした気使いで美味しいお茶を頂くことが出来ます。 お茶…

何似生(かじせい)

禅 語(出典『碧巖録』) 比べてみてどうだろうか、の意。 何か。如何に同じ。 大燈国師(だいとうこくし)が弟子達に課した「三転語」の最初に用いられている。 すなわち 「朝(あした)には眉を結び、夕には肩を交ゆ、我何似生」というもので、 朝におはよ…

也風流(またふうりゅう)

禅 語(出典『五家正宗賛』) 「不風流処也風流」 (ふうりゅうならざるところまたふうりゅう)から採ったもので、 これまた風流で大変結構という意味ではなく、 風流でも何でもないが、そのことが風流であるということ。 ともすると趣向や技巧を凝らして風…

破沙盆(はさぼん)

禅 語(出典『五燈会元』) 心は移ろいやすく、捉えがたいものだというたとえ。 「破沙盆」は割れたすり鉢のこと。 密庵禅師(みったんぜんじ)が師の応庵禅師に 「仏の本質とはいったいどのようなものでしょうか」と尋ねたのに対して 「破沙盆」と答えた故…

吹毛剣(すいもうのけん)

禅 語(出典『碧巖録』) ふわっと落とした毛がスパッと切れるほどの鋭利な剣のこと。 私達が本来持っていなければならない仏性をたとえたもので、div しがらみや煩悩を断ち、執着を断つ心の働きである。 私達はこの剣を研ぎ澄まさなければならないが、それ…

一日不作一日不食(いちにちなさざればいちにちくらわず)

禅 語(出典『五燈会元』) 自分が一日になすべきことをしなかったら、その日は食事をしない、ということ。 「作」は働くの意味で、全問における作務のこと。 唐代の名僧、百丈懐海(ひゃくじょうえかい)は年老いてもなお、 毎日の作務を怠らなかった。 老…

諸悪莫作衆善奉行(しょあくまくさしゅぜんぶぎょう)

禅 語(出典『七仏通戒偈』) 悪いことをしないで、善いことだけを行いなさい、ということ。 釈尊以前の七仏が、共通して説いた 「諸悪莫作、衆善奉行、自浄其意、是諸仏教」の偈の中にあり、 釈尊以来、仏教の根本を伝える重要な言葉。 唐代の道林禅師は、…

光陰可惜時不待人(こういんおしむべしときひとをまたず)

禅 語 月日の経つのは早く、また時間は待ってなどくれないから、 時間を大切にしなさい、ということ。 月日の過ぎ去る速さは、 まさに「光陰如箭」(こういんやのごとし;『五燈会元』)や 「光陰似流水」(こういんりゅうすいににる)である。 また、過ぎ去…

春入千林處々花(はるはせんりんにいるしょしょのはな)

禅 語 春を迎えて、林に分け入ると、至る所で花が咲いている。 この句の後に、 「秋沈萬水家々月」 (また秋になれば、月が家々の清らかな水に映って輝いている)が続く対句。 万物の普遍的な心理である仏性は、あらゆるところに満ち溢れ、 それはどこにあっ…

如何是異中異(いかなるやこれちゅうのい)

禅 語 どのようなものを指して、 変わり者の中の変わり者と言うのか、という問いかけ。 「異」は、異形異類、変わり者という意味である。 では、変わり者とは何か。 China唐代の臨済僧、南泉普願(なんせんふがん)は臨終を前にして、 弟子に 「あなたは亡く…

一花開天下春(いっかひらきててんかはるなり)

禅 語(出典『虚堂録』) 一輪の花が開き、そのことによって天下に春がやってきた、ということ。 単に春の訪れを感じさせる語句としても使われる。 一輪の花を、禅の初祖・達磨大師に置き換えると、 達磨大師がインドからChinaニやって来て禅を伝え、 そのこ…

青山元不動 白雲自去来(せいざんもとふどう はくうんおのずからきょらいす)

禅 語(出典『景徳伝燈録』) 対句である。 青くそびえる山は不動のものであり、 その周りに白雲がやって来てはまた去っていくという情景。 山という不動の世界は、 厳然と動じることのない心、つまり仏性をたとえたものであり、 雲という動く世界は、自由に…

松樹千年翠(しょうじゅせんねんのみどり)

禅 語(出典『続伝燈録』) 松の緑は千年も万年も変わることがない。 この句の後に続く 「不入時人意」(ときのひとのこころにいらず)と対句になっており、 二句を合わせて理解すると、意味が更に深まる。 つまり、松の美しい常緑に気が付く人が少なくて残…

殿閣生微涼(でんかくびりょうをしょうず)

禅 語(出典『東坡禅喜集』『柳公権詩』) 宮殿の中を風が吹き抜け、微かに涼しさを感じる、ということ。 この句の前に 「薫風自南来」(くんぷうみなみよりきたる)があり、対句になっている。 北宋代の禅僧で、『碧巌録』の著者である圜悟克勤(えんごこく…

夏雲多奇峰(かうんきほうおおし)

禅 語(出典『彭沢集』) 夏の雲は空高くに湧き起こり、あたかも奇峰が連なっているように見える。 六朝(りくちょう;229~589)時代の東晋の詩人、陶淵明の詩句にある言葉。 「奇峰」と言えば、China四川省の中部にそびえる 峨眉山(がびさん)の奇岩を思…

看々臘月我盡(みよみよろうげつつく)

禅 語(出典『虚堂録』) 「看々」はみるみるうちにと言う意味の他に、よく見なさいという意味がある。 「臘」はここでは「命」のこと。 従って、自分の命が尽きようとしていることを、しっかりと見届けなさい、 ということ。 人生は味方によっては長くもあ…

萬里一條鐵(ばんりいちじょうのてつ)

禅 語(出典『人天眼目』) 一条の鉄線が万里の果てまで、真っ直ぐに続いている。 このように、途中で横道にそれることなく、一つの道を最後まで歩き続けなさい、 ということ。 「一條鐵」とは、どこまでも続く一本道の事で、絶対的な心理や純粋な心を指す。…

無事是貴人(ぶじこれきにん)

禅 語(出典『臨済録』) 何事もしない人こそが貴人である、ということ。 臨済禅師の言葉であり、禅師は 「無事是れ貴人、但だ造作すること莫れ平常なり」と説いた。 「無事」とは「無為」のこと。 つまり、何の造作を加えることもなく、一切の計らいを配す…

坐看雲起時(ざしてはみるくものおこるとき)

禅 語(出典『王維詩集』) 天地自然と一体化した境地の事。 唐代の詩人で、画家でもある王維の「終南別業」という詩の一節で、 「行至水窮處」(ゆきてはいたるみずのきわまるところ) の後に続く一句である。 川の流れを辿っていくと、いつの間にか源に至…

紅爐一点雪(こうろいってんのゆき)

禅 語(出典『碧巖録』) 真っ赤に燃えている炉に、一片の雪が舞い落ちて瞬時に無くなるように、 跡形を残さないこと。 人間の儚い命や寿命、 また煩悩や妄想が一瞬のうちに消え去る意味でもつかわれる。 正確には「紅爐上一點雪」。 禅の悟りを体得した人は…